徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [古北 由仁]/浜口 伸正/谷田 信行/[坪井 光弘]/自然気胸術後に診断された肺好酸球性肉芽腫症の2例/[日本呼吸器外科学会雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
234166
EOID
765539
Map
0
LastModified
2015年2月13日(金) 14:07:57
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
近藤 和也
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 古北 由仁
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 浜口 伸正
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (日) 谷田 信行
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 坪井 光弘([徳島大学.病院.診療科.外科.呼吸器外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) 自然気胸術後に診断された肺好酸球性肉芽腫症の2例

副題 任意
要約 任意

(英) We encountered two cases of pulmonary eosinophilic granuloma incidentally diagnosed from surgical specimens which were obtained at the time of surgery for spontaneous pneumothorax. Case 1: The patient was a 54-year-old man complaining of dyspnea. He had smoked 20 cigarettes a day for 20 years and was being followed for a giant bulla. He was diagnosed with right pneumothorax. Following tube thoracostomy, VATS bullectomy was performed for prolonged air leakage. Case 2: The patient was a 23-year-old man complaining of dry cough. He had smoked 20 cigarettes a day for 5 years. He was diagnosed with right pneumothorax, which was improved conservatively. However, the recurrence of pneumothorax occurred after a month. Although a chest CT scan revealed no emphysematous lesions, VATS was performed for recurrence. An apical bleb was noted and resected. Both cases were diagnosed with pulmonary eosinophilic granuloma histopathologically. They quit smoking after surgery, and the progression of lung lesions and the recurrence of pneumothorax have not been noted. In surgery for pneumothorax, the smoking history and histological examination are very important to elucidate the etiology.

(日) 症例1は54歳,男性で主訴は呼吸困難.喫煙歴20本/日×20年.巨大気腫性肺嚢胞等で当院内科通院中,右自然気胸を指摘された.胸腔ドレナージを施行するも,気瘻が遷延したため,胸腔鏡下右巨大肺嚢胞切除術を施行した.症例2は23歳,男性で主訴は乾性咳嗽.喫煙歴20本/日×5年.右自然気胸を指摘され保存的に軽快したが,約1ヵ月後に再発を来した.CTでは明らかな肺嚢胞を指摘できなかったが,診断と治療を兼ねて手術を行った.肺尖部に微小な嚢胞を認め,それに対して胸腔鏡下右肺嚢胞切除術を施行した.2症例とも術後病理組織検査で肺好酸球性肉芽腫症の診断を得た.術後は禁煙を徹底し,本疾患の増悪や気胸の再発はなく経過している.自然気胸手術においては本疾患の可能性を考慮して,喫煙歴などの詳細な病歴聴取や切除標本の十分な病理組織学的検討が重要であると考えられた.

キーワード 推奨
発行所 推奨 (英) The Japanese Association for Chest Surgery / (日) 特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会
誌名 必須 日本呼吸器外科学会雑誌(日本呼吸器外科学会)
(pISSN: 0919-0945, eISSN: 1881-4158)
ISSN 任意 0919-0945
ISSN: 0919-0945 (pISSN: 0919-0945, eISSN: 1881-4158)
Title: 日本呼吸器外科学会雑誌
Supplier: 特定非営利活動法人日本呼吸器外科学会
Publisher: Japanese Association for Chest Surgery
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 24
必須 4
必須 695 700
都市 任意
年月日 必須 2010年 5月 15日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/10026475623/
DOI 任意 10.2995/jacsurg.24.695    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 10026475623
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意