徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [細川 義隆]/[細川 育子]/進藤 智/[尾崎 和美]/[中西 正]/[中江 英明]/[松尾 敬志]/Black tea polyphenol inhibits CXCL10 production in oncostatin M-stimulated human gingival fibroblasts./[International Immunopharmacology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
232486
EOID
893375
Map
0
LastModified
2018年3月15日(木) 15:47:50
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
細川 義隆
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 細川 義隆([徳島大学.病院.診療科.歯科.むし歯科(第一保存科)])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 細川 育子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯科保存学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Shindo Satoru / (日) 進藤 智 / (読) しんどう さとる
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. 尾崎 和美([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健支援学]/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健支援学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 中西 正([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯科保存学]/[徳島大学.病院.診療科.歯科.むし歯科(第一保存科)])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 中江 英明
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 松尾 敬志
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Black tea polyphenol inhibits CXCL10 production in oncostatin M-stimulated human gingival fibroblasts.

副題 任意
要約 任意

(日) CXC chemokine ligand 10 (CXCL10) plays an important role in the infiltration of Th1 cells and thus in the exacerbation of periodontal disease. Theaflavin-3,3'-digallate (TFDG), polyphenol in black tea, has some beneficial effects but the effect of TFDG on CXCL10 production from human gingival fibroblasts (HGFs) is uncertain. In this study, we investigated the mechanisms by which TFDG may inhibit oncostatin M (OSM)-induced CXCL10 production in human gingival fibroblasts. TFDG prevented OSM-mediated CXCL10 production by HGFs in a dose dependent manner. TFDG significantly inhibited OSM-induced phosphorylation of c-Jun N terminal kinase (JNK), protein kinase B (Akt) (Ser473) that are related to CXCL10 production from OSM-stimulated HGFs. In addition, TFDG suppressed OSM receptor (OSMR) β expression on HGFs. These data provide a novel mechanism where the black tea flavonoid, theaflavin, could provide direct benefits in periodontal disease.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 International Immunopharmacology([Elsevier])
(pISSN: 1567-5769, eISSN: 1878-1705)
ISSN 任意 1878-1705
ISSN: 1567-5769 (pISSN: 1567-5769, eISSN: 1878-1705)
Title: International immunopharmacology
Title(ISO): Int. Immunopharmacol.
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 11
必須 6
必須 670 674
都市 任意
年月日 必須 2011年 6月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.intimp.2011.01.009    (→Scopusで検索)
PMID 任意 21255696    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Affiliation: Department of Conservative Dentistry, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School, 3-18-15 Kuramoto-cho, Tokushima, Japan. hosokawa@dent.tokushima-u.ac.jp

  2. (英) PublicationType: Journal Article

  3. (英) PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't