徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [毛利 安宏]/[矢野 雅司]/Shinzawa Miho/Shimo Yusuke/[廣田 史子]/[西川 裕美子]/Nii Takuro/Kiyonari Hiroshi/Abe Takaya/Uehara Hisanori/Izumi Keisuke/Tamada Koji/Chen Lieping/Penninger M. Josef/Inoue Jun-ichiro/Akiyama Taishin/[松本 満]/Lymphotoxin signal promotes thymic organogenesis by eliciting RANK expression in the embryonic thymic stroma/[The Journal of Immunology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
231490
EOID
660582
Map
0
LastModified
2012年9月18日(火) 13:42:17
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
松本 満
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 毛利 安宏([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.先端歯学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔生命科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 矢野 雅司([徳島大学.技術支援部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Shinzawa Miho
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Shimo Yusuke
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《吉本 由典 (Yoshimoto Yusuke) @ 工学部 [学部学生] 2007年4月〜2011年3月》
    《吉本 由典 (Yoshimoto Yusuke) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2011年4月〜2013年3月》
    《下津 祐介 (Shimozu Yusuke) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2007年4月〜2009年3月》
    《下津 祐介 (Shimodu Yusuke) @ 工学部 [学部学生] 2003年4月〜2007年3月》
    《石本 祐介 (Ishimoto Yusuke) @ 工学部 [学部学生] 2010年4月〜2016年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  5. 廣田 史子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 西川 裕美子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Nii Takuro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Kiyonari Hiroshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Abe Takaya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《渡邊 峻也 (Watanabe Takaya) @ 工学部 [学部学生] 2009年4月〜2014年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  10. (英) Uehara Hisanori
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 上原 久典 ([徳島大学.病院.中央診療施設等.病理部])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Izumi Keisuke
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 泉 啓介
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Tamada Koji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. (英) Chen Lieping
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. (英) Penninger M. Josef
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. (英) Inoue Jun-ichiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. (英) Akiyama Taishin
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  17. 松本 満([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Lymphotoxin signal promotes thymic organogenesis by eliciting RANK expression in the embryonic thymic stroma

副題 任意
要約 任意

(英) It has recently become clear that signals mediated by members of the TNFR superfamily, including lymphotoxin-β receptor (LTβR), receptor activator for NF-κB (RANK), and CD40, play essential roles in organizing the integrity of medullary thymic epithelial cells (mTECs) required for the establishment of self-tolerance. However, details of the mechanism responsible for the unique and cooperative action of individual and multiple TNFR superfamily members during mTEC differentiation still remain enigmatic. In this study, we show that the LTβR signal upregulates expression of RANK in the thymic stroma, thereby promoting accessibility to the RANK ligand necessary for mTEC differentiation. Cooperation between the LTβR and RANK signals for optimal mTEC differentiation was underscored by the exaggerated defect of thymic organogenesis observed in mice doubly deficient for these signals. In contrast, we observed little cooperation between the LTβR and CD40 signals. Thus, the LTβR signal exhibits a novel and unique function in promoting RANK activity for mTEC organization, indicating a link between thymic organogenesis mediated by multiple cytokine signals and the control of autoimmunity.

キーワード 推奨
  1. (英) Animals
  2. (英) Antigens, CD40
  3. 細胞分化(cell differentiation)
  4. (英) Embryo, Mammalian
  5. (英) Epithelial Cells
  6. (英) Flow Cytometry
  7. 遺伝子発現(gene expression)
  8. (英) Gene Expression Regulation
  9. 免疫組織化学(immunohistochemistry)
  10. (英) Lymphotoxin beta Receptor
  11. (英) Mice
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  12. (英) Mice, Knockout
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  13. (英) Organogenesis
  14. (英) Receptor Activator of Nuclear Factor-kappa B
  15. (英) Reverse Transcriptase Polymerase Chain Reaction
  16. (英) Self Tolerance
  17. シグナル伝達(signal transduction)
  18. (英) Thymus Gland
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Immunology([The American Association of Immunologists])
(pISSN: 0022-1767, eISSN: 1550-6606)
ISSN 任意 1550-6606
ISSN: 0022-1767 (pISSN: 0022-1767, eISSN: 1550-6606)
Title: Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)
Title(ISO): J Immunol
Publisher: American Association of Immunologists
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 186
必須 9
必須 5047 5057
都市 任意
年月日 必須 2011年 3月 25日
URL 任意
DOI 任意 10.4049/jimmunol.1003533    (→Scopusで検索)
PMID 任意 21441458    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Division of Molecular Immunology, Institute for Enzyme Research, The University of Tokushima, Tokushima 770-8503, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't