徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [永井 宏和]/[髙丸 菜都美]/[大江 剛]/[内田 大亮]/[玉谷 哲也]/[藤澤 健司]/[岩本 誠司]/[宮本 洋二]/口腔扁平上皮癌に対するS-1を併用したDocetaxel超選択的動注化学療法の臨床効果に関する研究/[癌と化学療法]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
229418
EOID
908632
Map
0
LastModified
2018年6月12日(火) 16:10:12
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
髙丸 菜都美
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 永井 宏和
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 髙丸 菜都美
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 大江 剛([徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 内田 大亮
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 玉谷 哲也
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 藤澤 健司
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 岩本 誠司([徳島大学.病院.診療科.放射線科.放射線診断科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 宮本 洋二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) [Evaluation of Combination Chemotherapy with Oral S-1 Administration Followed by Docetaxel by Superselective Intra-Arterial Infusion for Patients with Oral Squamous Cell Carcinomas.]

(日) 口腔扁平上皮癌に対するS-1を併用したDocetaxel超選択的動注化学療法の臨床効果に関する研究

副題 任意
要約 任意

(英) The purpose of this study was to evaluate the effectiveness and adverse events of combination chemotherapy with oral S-1 administration following docetaxel(DOC)treatment by superselective intra-arterial infusion as neo-adjuvant chemotherapy (NAC)for patients with oral squamous cell carcinoma. Thirteen patients were enrolled in this study(9 men and 4 women, with a mean age of 61. 0 years). All patients were given S-1 65mg/m / 2 per day for 14 days, and DOC 40-50mg/m2 by intraarterial infusion was administered. The locoregional response evaluated 3 weeks after administration was 100%, including a 69. 2% complete response. According to Oboshi and Shimosato's classification, histological evaluation of surgical specimens revealed that 3 cases were Grade IIa, 4 cases Grade IIb, 1 case Grade IVa, and 4 cases Grade IVc. The severe side effects were neutropenia and cerebral infarction. The present study suggests that combination chemotherapy with S-1 and DOC by superselective intra-arterial infusion would be an effective and safe regimen in NAC for oral squamous cell carcinomas.

キーワード 推奨
  1. (英) Administration, Oral
  2. (英) Adult
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 成人 (adult)
    [キーワード] 成人教育経営 (adult education administration)
  3. (英) Aged
  4. (英) Aged, 80 and over
  5. (英) Antineoplastic Combined Chemotherapy Protocols
  6. (英) Carcinoma, Squamous Cell
  7. (英) Cerebral Infarction
  8. (英) Drug Combinations
  9. (英) Female
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
  10. (英) Humans
  11. (英) Infusions, Intra-Arterial
  12. (英) Male
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
    [キーワード] 男性 (male)
  13. (英) Middle Aged
  14. (英) Mouth Neoplasms
  15. (英) Neoplasm Staging
  16. (英) Neutropenia
  17. (英) Oxonic Acid
  18. (英) Taxoids
  19. (英) Tegafur
発行所 推奨
誌名 必須 癌と化学療法(癌と化学療法社)
(pISSN: 0385-0684)
ISSN 任意 0385-0684
ISSN: 0385-0684 (pISSN: 0385-0684)
Title: Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy
Title(ISO): Gan To Kagaku Ryoho
Publisher: Japanese Journal of Cancer & Chemotherapy Publishers Inc.
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
必須 38
必須 5
必須 777 781
都市 任意
年月日 必須 2011年 5月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意 21566436    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-79960998915
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Dept. of Oral Surgery, Subdivision of Molecular Oral Medicine, Division of Integrated Sciences of Translational Research, Institute of Health Biosciences.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: JOURNAL ARTICLE