徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 木村 香織/Nishimura Yumiko/Oyama Keisuke/河内 琢也/橋本 恵里香/[小山 保夫]/Tetracaine decreases intracellular Zn2+ concentration by inhibiting Zn2+ influx in rat thymocytes/[Natural Science Research]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
227804
EOID
901652
Map
0
LastModified
2018年4月26日(木) 21:55:12
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
小山 保夫
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨 修士課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部.創生科学研究部門.環境共生科学分野(2009年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. (英) Kimura Kaori / (日) 木村 香織 / (読) きむら かおり
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. (英) Nishimura Yumiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《西村 優美子 (Nishimura Yumiko) @ 総合科学部 [学部学生] 2003年4月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Oyama Keisuke
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Kawanai Takuya / (日) 河内 琢也 / (読) かわない たくや
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. (英) Hashimoto Erika / (日) 橋本 恵里香 / (読) はしもと えりか
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  6. 小山 保夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Tetracaine decreases intracellular Zn2+ concentration by inhibiting Zn2+ influx in rat thymocytes

副題 任意
要約 任意

(英) In this study to examine the cytotoxic property of tetracaine, we cytometrically examined the effect of tetracaine on intracellular Zn2+ concentration by the use of FluoZin-3, a fluorescent indicator of intracellular Zn2+. Lidocaine was used as a reference drug. The incubation of rat thymocytes with tetracaine decreased the intensity of FluoZin-3 fluorescence while that with lidocaine increased the intensity. The incubation with 10 µM DTPA, a chelator for extracellular Zn2+, attenuated the tetracaine-induced decrease in fluorescence intensity. The application of ZnCl2 augmented FluoZin-3 fluorescence. The augmentation by ZnCl2 was a temperature-sensitive. Tetracaine attenuated the ZnCl2-induced augmentation of FluoZin-3 fluorescence. Taken together, the results suggest that tetracaine attenuates membrane Zn2+ influx, resulting in a decrease in intracellular Zn2+ concentration in rat thymocytes. Although the cells in this study are not targets for actions of local anesthetics, the result may give one clue to explain the difference between the cytotoxicity of local anesthetics since the action of tetracaine on FluoZin-3 fluorescence was opposite to that of lidocaine.

キーワード 推奨
  1. (英) Tetracaine
  2. (英) Lidocaine
  3. (英) Zinc
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 亜鉛 (zinc)
  4. (英) Cytotoxicity
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 細胞毒性 (cytotoxicity)
発行所 推奨 徳島大学.総合科学部(1986年4月22日〜)
誌名 必須 Natural Science Research([徳島大学.大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部])
(pISSN: 0914-6385)
ISSN 任意 0914-6385
ISSN: 0914-6385 (pISSN: 0914-6385)
Title: 徳島大学総合科学部自然科学研究
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
必須 25
必須 2
必須 7 13
都市 任意 徳島(Tokushima/[日本国])
年月日 必須 2011年 4月 28日
URL 任意 http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/bulletin/pdf/vol25-2.pdf
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 110008761213
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 74628
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意