徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Kasami Ryuuichi/Kaneto Hideaki/Katakami Naoto/Sumitsuji Satoru/Yamasaki Keita/Kuroda Tadashi/Tachibana Kouichi/Yasuda Tetsuyuki/[黒田 暁生]/Matsuoka Taka-Aki/[松久 宗英]/Shimomura Iichiro/Relationship between carotid intima-media thickness and the presence and extent of coronary stenosis in type 2 diabetic patients with carotid atherosclerosis but without history of coronary artery disease./[Diabetes Care]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
227298
EOID
654825
Map
0
LastModified
2012年8月29日(水) 14:02:02
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
松久 宗英
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Kasami Ryuuichi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Kaneto Hideaki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Katakami Naoto
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Sumitsuji Satoru
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Yamasaki Keita
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Kuroda Tadashi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Tachibana Kouichi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Yasuda Tetsuyuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 黒田 暁生([徳島大学.先端酵素学研究所.基幹研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Matsuoka Taka-Aki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 松久 宗英([徳島大学.先端酵素学研究所.基幹研究部門]/徳島大学病院アンチエイジングセンター センター長(併任))
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Shimomura Iichiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Relationship between carotid intima-media thickness and the presence and extent of coronary stenosis in type 2 diabetic patients with carotid atherosclerosis but without history of coronary artery disease.

副題 任意
要約 任意

(英) Our data suggest that max-IMT might be closely associated with the extent of coronary stenosis in type 2 diabetic patients without history of CAD but with carotid atherosclerosis.

(日) Max-IMT in the ≥ 50% stenosis group by multi-slice computed tomography coronary angiography estimation was significantly greater than the 0-25 and 25-50% stenosis group (2.68 ± 0.77 vs. 1.61 ± 0.49 mm, P < 0.0005, and 2.14 ± 0.81 mm, P < 0.05, respectively), and max-IMT in the 25-50% stenosis group was significantly greater than the 0-25% stenosis group (P < 0.05) after adjustment for age, sex, duration of type 2 diabetes, hypertension, and dyslipidemia. In the analysis for trend through the categories of max-IMT, as max-IMT increased, the percentage of ≥ 50% stenosis increased and the percentage of 0-25% stenosis decreased.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Diabetes Care([The American Diabetes Association])
(pISSN: 0149-5992, eISSN: 1935-5548)
ISSN 任意 1935-5548
ISSN: 0149-5992 (pISSN: 0149-5992, eISSN: 1935-5548)
Title: Diabetes care
Title(ISO): Diabetes Care
Publisher: American Diabetes Association
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 34
必須 2
必須 468 470
都市 任意
年月日 必須 2011年 2月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2337/dc10-1222    (→Scopusで検索)
PMID 任意 21270201    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Affiliation: Department of Metabolic Medicine, Osaka University Graduate School of Medicine, Suita, Osaka, Japan.

  2. (英) PublicationType: Journal Article