徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Takenana Shigeori/Yamashita Kenichi/Takagi Makoto/[宇都 義浩]/Kondo Hiroki/DNA Sensing on a DNA Probe-Modified Electrode Using Ferrocenylnaphthalene Diimide as the Electrochemically Active Ligand/[Analytical Chemistry]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
22409
EOID
923464
Map
0
LastModified
2018年8月27日(月) 21:58:04
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
宇都 義浩
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座
著者 必須
  1. (英) Takenana Shigeori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Yamashita Kenichi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Takagi Makoto
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 宇都 義浩([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Kondo Hiroki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《近藤 大器 (Kondou Hiroki) @ 総合科学部 [学部学生] 1996年4月〜2000年3月》
    《近藤 弘樹 (Kondou Hiroki) @ 総合科学部 [学部学生] 1999年4月〜2003年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
題名 必須

(英) DNA Sensing on a DNA Probe-Modified Electrode Using Ferrocenylnaphthalene Diimide as the Electrochemically Active Ligand

副題 任意
要約 任意

(英) Naphthalene diimide derivative 1 carrying ferrocenyl moieties at the termini of imide substituents binds intact calf thymus DNA 4 times more strongly than the denatured DNA, and its complex with the intact DNA dissociates 80 times more slowly than that with the denatured DNA. On the basis of these observations, ligand 1 was applied to a probe of electrochemical DNA sensing. A thiol-linked single-stranded DNA probe was immobilized through the S-Au bonding to 20-30 pmol/mm2 on a gold electrode. Following hybridization with the complementary DNA, the electrode was soaked in a solution containing 1 (intercalation step) and then washed with buffer for 5 s. The cyclic voltammogram and differential pulse voltammogram for this electrode gave an electrochemical signal due to the redox reaction of 1 that was bound to the double-stranded DNA on the electrode. Thus, dA20 and the yeast choline transport gene were quantitated at the subpicomole level. The sensitivity of DNA detection was improved to 10 zmol by reducing the amount of immobilized DNA probe and protecting the uncovered surface of the electrode with 2-mercaptoethanol.

キーワード 推奨
  1. (英) Base Sequence
  2. (英) DNA
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 酸化DNA傷害 (oxidative DNA damage)
    [キーワード] DNA (DNA)
    [キーワード] ミトコンドリアDNA (mitochondrial DNA)
    [キーワード] cDNA subtractive screening (cDNA subtractive screening)
  3. (英) DNA Probes
  4. (英) Electrochemistry
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 電気化学 (electrochemistry)
  5. (英) Electrodes
  6. (英) Ferrous Compounds
  7. (英) Imides
  8. (英) Kinetics
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 酵素反応速度論 (enzyme kinetics)
    [キーワード] 反応速度論 (chemical kinetics)
    [キーワード] 薬物速度論 (pharmacokinetics)
  9. (英) Ligands
  10. (英) Magnetic Resonance Spectroscopy
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 核磁気共鳴分光法 (nuclear magnetic resonance spectroscopy)
発行所 推奨
誌名 必須 Analytical Chemistry([アメリカ化学会])
(pISSN: 0003-2700, eISSN: 1520-6882)
ISSN 任意 0003-2700
ISSN: 0003-2700 (pISSN: 0003-2700, eISSN: 1520-6882)
Title: Analytical chemistry
Title(ISO): Anal. Chem.
Publisher: American Chemical Society
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 72
必須 6
必須 1334 1341
都市 任意
年月日 必須 2000年 5月 15日
URL 任意
DOI 任意 10.1021/ac991031j    (→Scopusで検索)
PMID 任意 10740879    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000085975200034
Scopus 任意 2-s2.0-0034654434
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't