徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [石田 啓祐]/Hashimoto, Hisao/Yamasaki, Tetsuji/Tsujino, Ysuyuki/Takeshi, Kozai/Significance of the direct correlation of ammonite and radiolarian zones in the Izumi Group for integrated biostratigraphy of Late Cretaceous NW paleo-Pacific region/[Natural Science Research]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
223687
EOID
1039732
Map
0
LastModified
2022年5月5日(木) 20:48:50
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
石田 啓祐
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 石田 啓祐
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Hashimoto, Hisao
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Yamasaki, Tetsuji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Tsujino, Ysuyuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Takeshi, Kozai
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Significance of the direct correlation of ammonite and radiolarian zones in the Izumi Group for integrated biostratigraphy of Late Cretaceous NW paleo-Pacific region

副題 任意
要約 任意

(英) The direct correlation of radiolarian and ammonite zones in the Izumi Group were reviewed and revised for integrated biostratigraphy across the Campanian Maastrichtian boundary. The significance of the directcorrelation between mega- and micro-, i.e. between relatively near-shore nektonic and slope-basin planktonicfaunas in the same stratigraphic field, was discussed in relation with the litho- and biofacies of the group. TheLate Cretaceous ocean climate change and surface seawater current inferred from the radiolarian fauna was considered as a marker event for the chronostratigraphic correlation in the middle latitude continental shelf to slope-basin facies facing towards the NW paleo-Pacific.

(日) 和泉層群弧内海盆という白亜紀後期の同一の層序フィールドにおいて,本邦の放散虫とアンモナイト生層序の直接対比に基づく年代層序の統一を目指した. Campanian-Maastrichtianに及ぶ中軸部タービダイト相を主とした10の放散虫生層序帯と北縁の陸棚浅海部を主とした9アンモナイト生層序帯を対比した.放散虫フォーナの急変は,白亜紀後期のアジア中緯度沿岸海域における海洋環境変化指標となることを論じた.

キーワード 推奨
  1. (英) Cretaceous
  2. (英) radiolaria
  3. (英) ammonite
  4. (英) biostratigraphy
  5. (英) Izumi fore-arc basin
  6. (英) Paleo-Pacific region
発行所 推奨 徳島大学
誌名 必須 Natural Science Research([徳島大学.大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部])
(pISSN: 0914-6385)
ISSN 任意 0914-6385
ISSN: 0914-6385 (pISSN: 0914-6385)
Title: 徳島大学総合科学部自然科学研究
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
必須 24
必須 4
必須 27 31
都市 任意
年月日 必須 2010年 12月 24日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110008703888/
DOI 任意
PMID 任意
CRID 任意 1050001337463736320
NAID 110008703888
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 74534
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意