徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Kataoka Hiroshige/[山上 喜廣]/[西尾 芳文]/[牛田 明夫]/周波数応答のピーク探索と安定性評価のためのSPICE向けアルゴリズム/[電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌)]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
222768
EOID
759996
Map
0
LastModified
2014年12月3日(水) 16:09:48
Operator
西尾 芳文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
西尾 芳文
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨 博士前期課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 計算機システム工学(2006年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. (英) Kataoka Hiroshige / (日) Kataoka Hiroshige
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《片岡 大茂 (Kataoka Hiroshige) @ 工学部 [学部学生] 2006年4月〜2010年3月》
    《片岡 大茂 (Kataoka Hiroshige) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2010年4月〜2012年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. 山上 喜廣([徳島大学.工学部.電気電子工学科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 西尾 芳文([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
    役割 任意

    (日) システム設計と解析の一部,論文執筆補助,研究総括

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 牛田 明夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Spice-Oriented Algorithm for Peak Search and Stability Assessment for Frequency Response

(日) 周波数応答のピーク探索と安定性評価のためのSPICE向けアルゴリズム

副題 任意
要約 任意

(英) In this study, we propose a Spice-oriented algorithm for peak search and stability assessment for the frequency response. We obtain the frequency response by using the sine-cosine circuit, Fourier transformation circuit and solution tracing-curve circuit, which have been developed in our previous studies. We combine the idea using a differentiator and a nonlinear limiter with them in order to search the exact peaks and propose a stability assessment algorithm based on the Floquet theory. In our algorithm, we can simulate almost all tasks with Spice.

(日) 本研究では,周波数応答のピーク探索と安定性評価のためのSPICE向けアルゴリズムを提案する.先行研究で開発しているサイン・コサイン回路,フーリエ変換回路,解曲線追跡回路を利用して周波数応答を得ることができる.正確なピークを探索するために,微分器と非線形リミッタを利用するアイディアを組み合わせ,さらにフロケの理論に基づく安定性評価アルゴリズムを提案する.本アルゴリズムでは,ほとんど全ての計算をSPICEでシミュレーションすることができる.

キーワード 推奨
  1. (英) Spice
  2. 非線形回路(nonlinear circuits)
  3. (英) harmonic balance method
  4. (英) peak search
  5. (英) stability assessment
発行所 推奨 電気学会
誌名 必須 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌)([電気学会])
(pISSN: 0385-4221, eISSN: 1348-8155)
ISSN 任意 0385-4221
ISSN: 0385-4221 (pISSN: 0385-4221, eISSN: 1348-8155)
Title: 電気学会論文誌. C
Supplier: 一般社団法人 電気学会
Publisher: The Institute of Electrical Engineers of Japan
 (J-STAGE  (J-STAGE  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 131
必須 3
必須 543 550
都市 任意
年月日 必須 2011年 3月 1日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/10027804309/
DOI 任意 10.1541/ieejeiss.131.543    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 10027804309
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意