徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [川上 恵実]/[木内 奈央]/Adachi Taro/[大澤 裕]/[石丸 直澄]/[大内 淑代]/[砂田 芳秀]/[林 良夫]/[田中 栄二]/[野地 澄晴]/Atelocollagen-mediated systemic administration of myostatin-targeting siRNA improves muscular atrophy in caveolin-3-deficient mice./[Development Growth & Differentiation]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
221987
EOID
653701
Map
0
LastModified
2012年8月28日(火) 16:15:49
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
田中 栄二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学(2004年4月1日〜)
  2. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔再建医学講座.口腔顎顔面矯正学(2004年4月1日〜2015年3月31日)
  3. 徳島大学.病院.診療科.矯正歯科(2003年10月1日〜)
  4. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.医療創生科学部門.分子口腔医学講座.口腔分子病態学(2004年4月1日〜2015年3月31日)
  5. 徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座
著者 必須
  1. 川上 恵実
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 木内 奈央
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Adachi Taro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 大澤 裕(川崎医科大学神経内科)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 石丸 直澄([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 大内 淑代
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 砂田 芳秀(川崎医科大学神経内科)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 林 良夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 田中 栄二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 野地 澄晴([徳島大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Atelocollagen-mediated systemic administration of myostatin-targeting siRNA improves muscular atrophy in caveolin-3-deficient mice.

副題 任意
要約 任意

(英) Small interfering RNA (siRNA)-mediated silencing of gene expression is rapidly becoming a powerful tool for molecular therapy. However, the rapid degradation of siRNAs and their limited duration of activity require efficient delivery methods. Atelocollagen (ATCOL)-mediated administration of siRNAs is a promising approach to disease treatment, including muscular atrophy. Herein, we report that ATCOL-mediated systemic administration of a myostatin-targeting siRNA into a caveolin-3-deficient mouse model of limb-girdle muscular dystrophy 1C (LGMD1C) induced a marked increase in muscle mass and a significant recovery of contractile force. These results provide evidence that ATCOL-mediated systemic administration of siRNAs may be a powerful therapeutic tool for disease treatment, including muscular atrophy.

キーワード 推奨
  1. (英) Animals
  2. (英) Caveolin 3
  3. (英) Collagen
  4. (英) Female
  5. (英) Male
  6. (英) Mice
  7. (英) Muscular Atrophy
  8. (英) Myostatin
  9. (英) RNA Interference
  10. (英) RNA, Small Interfering
発行所 推奨
誌名 必須 Development Growth & Differentiation([日本発生生物学会])
(pISSN: 0012-1592, eISSN: 1440-169X)
ISSN 任意 1440-169X
ISSN: 0012-1592 (pISSN: 0012-1592, eISSN: 1440-169X)
Title: Development, growth & differentiation
Title(ISO): Dev Growth Differ
Supplier: Japanese Society of Developmental Biologists
Publisher: Wiley Publishing
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (Wiley  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 53
必須 1
必須 48 54
都市 任意
年月日 必須 2011年 1月 末日
URL 任意
DOI 任意 10.1111/j.1440-169X.2010.01221.x    (→Scopusで検索)
PMID 任意 21261610    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Affiliation: Department of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics, Institute of Health Bioscience, The University of Tokushima Graduate School, 3-18-15 Kuramoto, Tokushima 770-8504 Department of Life Systems, Institute of Technology and Science, The University of Tokushima, 2-1 Minami-Jyosanjima-cho, Tokushima 770-8506 Department of Neurology, Kawasaki Medical School, 577 Matsushima, Kurashiki City, Okayama 701-0192 Department of Oral Molecular Pathology, Institute of Health Bioscience, The University of Tokushima Graduate School, 3-18-15 Kuramoto, Tokushima 770-8504, Japan.

  2. (英) PublicationType: JOURNAL ARTICLE