徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [今井 昭二]/黒谷 功/伊東 聡史/[山本 孝]/[山本 裕史]/四国・高知県梶が森山頂の冬期降雨,降雪,樹氷および雨氷の鉛とカドミウム濃度/[分析化学]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
221937
EOID
946996
Map
0
LastModified
2019年5月23日(木) 21:17:48
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
今井 昭二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 今井 昭二([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.化学分野])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Kurutani Isao / (日) 黒谷 功 / (読) くろたに いさお
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. (英) Ito Satoshi / (日) 伊東 聡史 / (読) いとう さとし
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. 山本 孝([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.化学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 山本 裕史
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Lead and Cadmium Concentrations in Winter Rain, Fresh Snow, Rime and Glaze Collected on the Top of Mt. Kajigamori, Kochi Prefecture in Shikoku Island, Japan

(日) 四国・高知県梶が森山頂の冬期降雨,降雪,樹氷および雨氷の鉛とカドミウム濃度

副題 任意
要約 任意

(英) Winter rain, fresh snow, rime and glaze samples were collected on the top of Mt. Kajigamori (ALT. 1400 m), which is the watershed protection forest of Riv. Yoshinogawa with an altitude of 1400 m, Kochi, Shikoku Island in West Japan during the winter season of 2010 (December 2009 and March 2010). Lead and cadmium in the rain, snow, rime and glaze were analyzed by graphite furnace atomic absorption spectrometry together with the ionic components (Na+, NH4+, K+, Mg2+, Ca2+, F-, Cl-, NO2-, Br-, NO3-, PO43-, SO42-) by ion chromatography, and pH, E.C. during the winter season. In the back-trajectory over Russia-Japan Sea, very low concentrations of Pb and Cd were observed in all samples. From the back-trajectory over North China and Korea, it was considered that the observed relatively high concentration of Pb in snow and rime and Cd in rain showed a possibility of long-range transportation from the East Asis region. The low concentration of lead in rime ice and fresh snow collected at Mt. Tateeboshiyama (ALT. 1299 m) in Shobara city, Hiroshima (Mt. Hibasan quasi-national park) was observed with back-trajectry over Russia-Japan Sea.

キーワード 推奨
  1. (英) rain
  2. (英) snow
  3. (英) rime
  4. (英) glaze
  5. (英) lead
  6. (英) cadmium
  7. (英) shikoku
発行所 推奨 日本分析化学会
誌名 必須 分析化学([日本分析化学会])
(pISSN: 0525-1931)
ISSN 任意 0525-1931
ISSN: 0525-1931 (pISSN: 0525-1931)
Title: 分析化学
Supplier: 公益社団法人日本分析化学会
Publisher: Japan Society for Analytical Chemistry
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 60
必須 2
必須 179 190
都市 任意
年月日 必須 2011年 2月 5日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/10027410226/
DOI 任意 10.2116/bunsekikagaku.60.179    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 10027410226
WOS 任意 000287822200011
Scopus 任意
機関リポジトリ 111233
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意