徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [長浜 正巳]/Yoshida Ichiro/Uyemura Keiichi/[辻 明彦]/[松田 佳子]/Proteolytic Cleavage of the Neural Cell Adhesion Molecule L1 by Subtilisin-Like Proprotein Convertases/Keio University Symposia for Life Science and Medicine

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
22163
EOID
465702
Map
0
LastModified
2009年8月17日(月) 16:52:40
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
辻 明彦
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(紀要その他)
言語 必須
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.生物工学科.生物反応工学講座
著者 必須
  1. 長浜 正巳
    役割 任意

    (日) 計画,実験,考察,論文執筆

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Yoshida Ichiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Uyemura Keiichi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 辻 明彦
    役割 任意

    (日) 解析,考察

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 松田 佳子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Proteolytic Cleavage of the Neural Cell Adhesion Molecule L1 by Subtilisin-Like Proprotein Convertases

副題 任意
要約 任意

(日) L1蛋白質は神経の分化,機能と関係していると考えられている接着蛋白である.L1蛋白質はプロセス部位にSubtilisin-like proprotein convertaseの切断配列である塩基性アミノ酸対を持っているが,そのプロセシング機構は不明である.本研究では,L1蛋白質のプロセシングに関与するプロテアーゼについて,特にSPCについて検討した.培養細胞でL1蛋白質前駆体とSPC (furin, PACE4, PC6, PC1, PC4, PC8)を共発現すると,furin, PACE4, PC6によってプロセシングされることが判明した.

キーワード 推奨
発行所 推奨 Springer-Verlag
誌名 必須 (英) Keio University Symposia for Life Science and Medicine
ISSN 任意
必須 2
必須
必須 261 266
都市 任意 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 1999年 1月 1日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意