徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/地域総合演習

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
221577
EOID
552397
Map
0
LastModified
2011年1月13日(木) 15:21:00
Operator
髙橋 晋一
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (日) 地域総合演習 / (読) ちいきそうごうえんしゅう
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科.地域創生コース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 髙橋 晋一([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
    肩書 任意 教授(併任)([教職員.教員]/[常勤])
単位 必須 2
目的 必須

(日) この授業は,文化人類学・民俗学的手法を用いて卒業研究(卒業論文作成) を進めていこうと考えている学生を対象としている.受講者は卒業研究の作成を目指して,文化人類学・民俗学の領域の中から自由に各自の研究テーマを設定し,授業中の発表・討議をふまえ,その研究内容の深化をはかる.

概要 必須

(日) 文化人類学・民俗学ゼミナール

キーワード 推奨
  1. 文化人類学(cultural anthropology)
  2. 民俗学(folklore)
  3. 地域文化(regional culture)
  4. フィールドワーク(fieldwork)
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 地域総合演習(後期開講,髙橋担当)とあわせて通年で受講すること.

目標 必須
  1. (日) 文化人類学· 民俗学の研究領域の中から主体的に選んだ研究テーマについて,適切な方法による調査や分析をおこない,卒業論文にまとめることができる.

計画 必須
  1. (日) 4 年次前期には,卒業研究のテーマを確定し,調査・分析を着実に進めていくことが求められる.第一に,これまでの先行研究を広範かつ綿密に読みこなし,その方法論を学びとりながら応用や展開の可能性を探ることが重要である.第二に,独自の調査によって実証的なデータを収集し,研究目的にふさわしい分析を加えていかなくてはならない.授業では,それぞれの作業の進展に応じて数回の中間発表をおこない,その内容を教員および受講生全員で討議する.

  2. (日) 卒業研究には,受講者の主体的な取り組みと粘り強い努力が必要である.また,参加者全員が真剣な討論をおこなうことで,切磋琢磨しながら内容を高めていくことが期待されている

評価 必須

(日) 授業への取り組み状況と討議への参加意欲,報告内容の完成度をもとに評価する.

再評価 必須

(日) 行わない.

教科書 必須
  1. (日) 教科書は使用しない.授業中に適宜プリントを配布する.

参考資料 推奨
  1. (日) 伊丹敬之『創造的論文の書き方』有斐閣,2001 年

  2. (日) 伊藤亜人『文化人類学で読む日本の民俗社会』有斐閣,2007 年

  3. (日) 佐藤郁哉『フィールドワーク増訂版』新曜社,2007 年

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 髙橋 晋一([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
    オフィスアワー 任意

    (日) 月曜 12:00-13:00

科目コード 推奨
備考 任意