徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2013/日本言語演習

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
221458
EOID
743221
Map
0
LastModified
2014年8月19日(火) 17:48:17
Operator
岸江 信介
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2013年 (平成 25年)
名称 必須 (日) 日本言語演習 / (読) にほんげんごえんしゅう
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間文化学科.国際教養コース]/[学士課程]
  2. 2011/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科.地域創生コース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 岸江 信介
    肩書 任意
単位 必須 4
目的 必須

(日) 日本の一地域においてフィールドワークを行い,調査によって得られたデータの処理の方法として,「方言データベース」「音声データベース」の構築方法について学ぶ.

概要 必須

(日) 地域言語研究法とデータ分析方法の習得を目的とする.日本語諸方言の音韻·アクセント·文法·語彙などの特色を把握する.前期後半では,フィールド調査に関する調査票の作成,フィールド調査の方法等について学ぶ.夏期休業中期間等を利用し,フィールドワークを実施する予定である.現段階で調査地域は未定である.ちなみに,10年度は三重県志摩地方に3泊4日の調査に出かけた.調査地域は,受講生の意見を尊重して決める予定である.後期では,エクセル,音声分析などのソフトの操作法を学習しつつ,受講生全体での共同作業として,調査票の整理,データ入力を行ったあと,各調査項目の分担を決め,各自発表を行うことにする.また,年度末には調査報告書を各自が分担して刊行する予定である.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意
目標 必須
  1. (日) 野外での方言調査を通じて,生きた方言に触れる

計画 必須
  1. (日) 臨地方言調査の総括と反省

  2. (日) データ整理1.

  3. (日) データ整理2.

  4. (日) データ整理3.

  5. (日) データ入力とデータ分析の方法を学ぶ1.

  6. (日) データ入力とデータ分析の方法を学ぶ2.

  7. (日) データ入力とデータ分析の方法を学ぶ3.

  8. (日) 発表の分担の打ち合わせ1.

  9. (日) 発表の分担の打ち合わせ2.

  10. (日) 各自(各グループ)による研究発表1

  11. (日) 各自(各グループ)による研究発表2

  12. (日) 各自(各グループ)による研究発表3

  13. (日) 各自(各グループ)による研究発表4

  14. (日) 各自(各グループ)による研究発表5

  15. (日) 全体的にデータを見渡し,特徴的な結果について整理する.

  16. (日) レポート等,報告書の作成.

評価 必須

(日) 成績評価は,発表(30%)·レポート(50%)·ソフト等の習得(20%)といった比率に基づく.フィールド調査には参加すること.調査への参加は出席点に加える.

再評価 必須

(日) 無

教科書 必須
  1. (日) 教科書:特に指定しない

  2. (日) 教材:授業でプリントを配布する

  3. (日) 西日本諸方言に関する必要な論文,データベースソフトの操作マニュアル等を授業で紹介したい

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 岸江 信介
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意