徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/人間と生命/環境とバイオテクノロジー

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
221080
EOID
550706
Map
0
LastModified
2011年1月7日(金) 08:55:02
Operator
佐藤 高則
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Humanity and Life / (日) 人間と生命 / (読) にんげんとせいめい
題目 必須 (英) Environment and Biotechnology / (日) 環境とバイオテクノロジー / (読) かんきょうとばいおてくのろじー
形態 推奨
  1. 講義および演習
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 佐藤 高則
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 近年,バイオテクノロジーの発展はめざましく,我々の周りにはバイオテクノロジーを利用した製品が数多く見受けられる.また,バイオエタノールのように生物資源を利用した環境関連のバイオテクノロジーも発展している.こうしたバイオテクノロジーや環境との関係に対しては,基礎知識を正しく理解し,自分の意見を持つことが重要である.本講義は,バイオテクノロジーの生体高分子・産業・環境への利用の現状に対して幅広く見識を広げることを目的としている.

概要 必須

(日) 生体高分子の基礎から,種々のバイオテクノロジー技術およびその環境への応用までを幅広く講義し,バイオテクノロジーの恩恵とその功罪について述べる.

キーワード 推奨
  1. (日) 生体高分子
  2. (日) バイオテクノロジー
  3. (日) 遺伝子組換え
  4. (日) 環境
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 毎回,課題を出しますので出席してください.

目標 必須
  1. (日) バイオテクノロジーの理解

  2. (日) バイオテクノロジーと生体高分子や環境の関連の理解

  3. (日) バイオテクノロジーに対する自分の意見を持てるようになる

計画 必須
  1. (日) シラバスの説明,講義概要

  2. (日) 生体高分子の基礎(1)

  3. (日) 生体高分子の基礎(2)

  4. (日) 生体高分子の機能·構造

  5. (日) バイオテクノロジーの歴史および概論(1)

  6. (日) バイオテクノロジーの歴史および概論(2)

  7. (日) 遺伝子工学と応用

  8. (日) タンパク質工学と応用

  9. (日) 酵素工学と応用

  10. (日) 微生物工学と応用

  11. (日) 環境工学と応用

  12. (日) 遺伝子組み換え作物

  13. (日) バイオリソースとその利用

  14. (日) バイオテクノロジーの将来と問題点 (1),課題レポートの説明

  15. (日) バイオテクノロジーの将来と問題点 (2),課題レポートの説明

  16. (日) 統括授業

評価 必須

(日) 毎回の課題60%,定期レポート 40% として評価する

再評価 必須

(日) 無

教科書 必須
  1. (日) プリントを適宜配布する.

参考資料 推奨
  1. (日) 熊谷・金谷編:生命工学ー分子から環境までー(共立出版)

URL 任意 http://www.geocities.jp/satokichi2004jp/syllabus/jyugyou.htm
連絡先 推奨
  1. 佐藤 高則
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
  1. 0F205801
備考 任意
  1. (日) 高校生・市民への公開授業となっています.