徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/人間と生命/異文化交流体験から何を学ぶのか

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
221075
EOID
572990
Map
0
LastModified
2011年4月7日(木) 13:56:52
Operator
瀬部 千世美
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Humanity and Life / (日) 人間と生命 / (読) にんげんとせいめい
題目 必須 (英) What should we learn in the exchange program with foreign countries / (日) 異文化交流体験から何を学ぶのか / (読) いぶんかこうりゅうたいけんからなにをまなぶのか
形態 推奨
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学]/社会性形成科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 大橋 眞
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) グローバル社会の課題や,異文化についての考えを深めるために,留学生や海外の大学生と交流することを通じて多様な視点で考え表現する力を身につけます.また,地域社会人との交流を通じて対話力を身につけます.「異文化交流」をテーマとして,同世代の文化的背景が異なる学生が「交流」するということの意味を考えます.

概要 必須

(日) 現代社会ではグローバル化が進行し,様々な価値観や文化的背景をもった人間同士の交流が必要となってきました.このような異文化交流において,相手方の文化に興味を持つとともに,自身の文化的背景についての理解を深めておく必要があります.この授業では,留学生との交流や,遠隔ビデオ会議による海外の大学生との交流を通じて,実際に異文化交流を体験しながら,異文化交流に必要な視点を探り,自身の文化的背景を学ぶことを目指していきます.

キーワード 推奨
  1. (日) 留学生
  2. (日) 異文化交流 / (読) いぶんかこうりゅう
  3. (日) 体験学習 / (読) たいけんがくしゅう
  4. (日) 外国 / (読) がいこく
  5. (日) 文化 / (読) ぶんか
  6. (日) 地域社会人 / (読) ちいきしゃかいじん
  7. (日) 遠隔ビデオ会議 / (読) えんかくびでおかいぎ
  8. (日) 課外学習 / (読) かがいがくしゅう
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 共創型学習/異文化交流からのFD -グローバル社会とは何か-([2011/[徳島大学]/社会性形成科目群/[共通教育]])
    関連度 任意
  2. 共創型学習/異文化交流からのFD -グローバル社会に向けた教育とは-([2011/[徳島大学]/社会性形成科目群/[共通教育]])
    関連度 任意
  3. 共創型学習/学生FDボランタリースクール -地域のボランティアリーダーと考えるFD-([2011/[徳島大学]/社会性形成科目群/[共通教育]])
    関連度 任意
注意 任意

(日) この授業は,地域社会人向けの公開授業と同時開講する授業です.また,原則として留学生向けの授業と合同でおこないます.①この授業では,留学生との交流を通じて,グルーバル社会を体験します.また,地域の社会人との議論をおこないます. ②関連する授業外の時間での課外活動への積極的な参加も,成績評価の対象として重視されます.

目標 必須
  1. (日) 留学生との異文化交流により,相手方と自身の文化的背景を理解する

  2. (日) 海外の大学生や地域社会人とのコミュニケーション力をつける

  3. (日) 人によって考え方が違うということについて,その背景に関する理解を深める

計画 必須
  1. (日) 授業ガイダンス

  2. (日) 「異文化交流」を語る

  3. (日) 「異文化交流」の意義

  4. (日) 異文化交流に必要な視点

  5. (日) 相手側の文化と自分の文化

  6. (日) 異文化交流実践1

  7. (日) 異文化交流実践2

  8. (日) 異文化交流実践3

  9. (日) 異文化交流実践4

  10. (日) 異文化交流実践6

  11. (日) 異文化交流実践7

  12. (日) 異文化交流実践8

  13. (日) 異文化交流実践9

  14. (日) 異文化交流実践10

  15. (日) 異文化交流実践の課題

  16. (日) 総括授業

評価 必須

(日) 毎回のミニレポート 40%・授業及び関連する課外活動参加への積極性とこれに関する期末レポート 60% として評価する

再評価 必須

(日) 無

教科書 必須
  1. (日) 特になし

参考資料 推奨
  1. (日) 特になし

URL 任意 http://www.ias.tokushima-u.ac.jp/life/GP/index.html
連絡先 推奨
  1. 大橋 眞
    オフィスアワー 任意

    (日) 水曜日ー金曜日 午前10時ー12時

科目コード 推奨
  1. 0F2
備考 任意