徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/共創型学習/この良さをわかってほしい

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
220802
EOID
549202
Map
0
LastModified
2011年1月4日(火) 17:10:33
Operator
水本 匡昭
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Creativity Development / (日) 共創型学習 / (読) きょうそうがたがくしゅう
題目 必須 (英) Talk about your favorites / (日) この良さをわかってほしい
形態 推奨
  1. 演習
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学]/社会性形成科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 佐藤 征弥([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.生物生産系.生物資源生産科学分野]/[徳島大学.大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部.創生科学研究部門.環境共生科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科.環境共生コース])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 自分の意見を正確かつ説得力をもって述べることは,社会のあらゆる場で必要とされることは言うまでもありません.この授業では,他人を惹きつけ説得する話しかた,プレゼンテーションの力を磨きます.また,そのプレゼンテーションをきちんと評価し,どううまく応えるかという技術も同時に身に付けましょう.

概要 必須

(日) これは素晴らしい,面白い,ぜひ他人にも知って欲しいと思うような人物や物を誰も心の中に持っているはずです.でも,その良さをきちんと他人に伝えることはできますか? もともと同じ分野に興味のある人になら伝えられるかもしれませんが,その分野に無関心な人に興味を持ってもらうのは難しいものです.この授業では,普段心にしまっている自分がすごいと思う人や物について存分に語ってもらいます.そして,それが十分に伝わったかを聞き手に評価してもらいます.その過程で,プレゼンテーション能力や評価能力を養っていきます.語る内容は何でも結構.マイナーなものほどやり甲斐があるというものです.

キーワード 推奨
  1. (日) プレゼンテーション
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 授業の性質上,受講者は10名までとします.

目標 必須
  1. (日) プレゼンテーション能力と,それを評価する力を習得する

計画 必須
  1. (日) オリエンテーション

  2. (日) 教官の発表,評価方法の説明

  3. (日) 学生による発表(2名ずつ),それに対する評価1

  4. (日) 学生による発表(2名ずつ),それに対する評価2.なお前回,評価が低かった者は再度発表の場合がある.

  5. (日) 学生による発表(2名ずつ),それに対する評価3.なお前回,評価が低かった者は再度発表の場合がある.

  6. (日) 学生による発表(2名ずつ),それに対する評価4.なお前回,評価が低かった者は再度発表の場合がある.

  7. (日) 学生による発表(2名ずつ),それに対する評価5.なお前回,評価が低かった者は再度発表の場合がある.

  8. (日) 学生による発表(2名ずつ),それに対する評価6.なお前回,評価が低かった者は再度発表の場合がある.

  9. (日) 学生による発表(2名ずつ),それに対する評価7.なお前回,評価が低かった者は再度発表の場合がある.

  10. (日) 学生による発表(2名ずつ),それに対する評価8.なお前回,評価が低かった者は再度発表の場合がある.

  11. (日) 学生による発表(2名ずつ),それに対する評価9.なお前回,評価が低かった者は再度発表の場合がある.

  12. (日) 学生による発表(2名ずつ),それに対する評価10.なお前回,評価が低かった者は再度発表の場合がある.

  13. (日) 学生による発表(2名ずつ),それに対する評価11.なお前回,評価が低かった者は再度発表の場合がある.

  14. (日) 学生による発表(2名ずつ),それに対する評価12.なお前回,評価が低かった者は再度発表の場合がある.

  15. (日) 学生による発表(2名ずつ),それに対する評価13.なお前回,評価が低かった者は再度発表の場合がある.

  16. (日) 総括授業

評価 必須

(日) 発表時における他の受講生による評価をみる.さらに,他の受講生の発表を評価する際にそれが適切であるかについてもみる.

再評価 必須
教科書 必須
  1. (日) 使用せず

参考資料 推奨
  1. (日) 使用せず

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 佐藤 征弥([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.生物生産系.生物資源生産科学分野]/[徳島大学.大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部.創生科学研究部門.環境共生科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科.環境共生コース])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
  1. 0G201601
備考 任意