徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/ウェルネス総合演習/ウェルネス総合演習

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
220789
EOID
550989
Map
0
LastModified
2011年1月7日(金) 13:03:56
Operator
行實 鉄平
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Integrated Seminar on Wellness / (日) ウェルネス総合演習 / (読) うぇるねすそうごうえんしゅう
題目 必須 (英) Integrated Seminar on Wellness / (日) ウェルネス総合演習
形態 推奨
  1. 実習
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学]/社会性形成科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 行實 鉄平
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 「ウェルネス」とは,疾病や障害の有無にかかわらず,心の豊かさ・生命の尊厳を大切にし,食・身体活動・休養・睡眠をバランスよく取り入れて生活習慣を改善し,生活の質(QOL)を高めて生涯にわたるより健康なライフスタイルの確立を目指す生き方((財)日本ウェルネス協会)として捉えられている言葉である.本授業では,そのなかでも運動・スポーツとQOLとの関係性を体験的に学習することにより,ウェルネスの理解を深めていくことを目的としている.また,運動・スポーツを通して履修者相互の関係を深め,社会人基礎力として必要なコミュニケーション能力を養うことも目的としている.

概要 必須

(日) この授業では,形態・身体組成,健康体力,運動と栄養について講義をするとともに,それらの測定·調査方法やトレーニング法を紹介する.加えて,生涯スポーツとして楽しむことのできるスポーツ(サッカー&野球)も体験してもらう.また,健康づくりやスポーツ振興に関わる仕組みについての講義も行う.学生には,これらを通して積極的に健康的な生活を設計し実践する能力,いわゆる「ウェルネス実践能力」を養ってもらいたい.

キーワード 推奨
  1. (日) ウェルネス
  2. (日) 生涯スポーツ
  3. (日) スポーツとの多様な関わり(する・みる・ささえる)
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) これから歩む人生と健康,またはライフスタイルとの関わりについて自らが考え,積極的な姿勢で授業に取り組む,学生の受講を希望する.体調には充分配慮し,授業に臨むこと.なお,雨天時は,体育館内で行える実習種目に切り替える場合もある.

目標 必須
  1. (日) "ウェルネスとは何か?",またその必要性を理解する.

  2. (日) 自らの身体理解と,その測定・調査・トレーニング方法を理解する.

  3. (日) 健康づくりやスポーツを日常生活で実践し,豊かな人生を過ごそうとする積極的な姿勢を身につける.

  4. (日) 他者や集団と積極的にかかわり,楽しみの場を演出し,コーディネートできるようになる.

  5. (日) 健康づくりやスポーツ振興に関わる仕組みを理解する.

計画 必須
  1. (日) オリエンテーション

  2. (日) ウェルネスとは!(健康づくり概論)

  3. (日) 形態・身体組成の測定法

  4. (日) 体力・持久力の測定法

  5. (日) 運動・栄養調査

  6. (日) テニス1(フォアハンドストローク)

  7. (日) 〃 2(バックハンドストローク)

  8. (日) 〃 3(ボレー)

  9. (日) 〃 4(スマッシュ)

  10. (日) 〃 5(サーブ)

  11. (日) テニスゲーム1(ダブルス1)

  12. (日) テニスゲーム2(ダブルス2)

  13. (日) テニスゲーム3(シングル)

  14. (日) 健康づくりやスポーツ振興に関わる仕組みとは!

  15. (日) 期末試験

  16. (日) 授業の総括

評価 必須

(日) 「出席60%」「受講態度10%」「試験30%」の3つの観点から総合的に評価する.

再評価 必須

(日) 無

教科書 必須
  1. (日) 基本的に使用せず,随時プリントを配布する

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 行實 鉄平
    オフィスアワー 任意

    (日) 火曜午後

科目コード 推奨
  1. 0G110101
備考 任意