徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/生活と社会/国際協力論2 -四国から世界へ 輝く瞳のつくり方-

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
220761
EOID
556960
Map
0
LastModified
2011年1月27日(木) 19:30:27
Operator
瀬部 千世美
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Living and Society / (日) 生活と社会 / (読) せいかつとしゃかい
題目 必須 (英) International Cooperation Studies 2 / (日) 国際協力論2 -四国から世界へ 輝く瞳のつくり方- / (読) こくさいきょうりょくろん しこくからせかいへ かがやくひとみのつくりかた
形態 推奨
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 饗場 和彦([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.公共政策系.法律・政治分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.公共政策コース])
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
単位 必須 2
目的 必須

(日) 社会に積極的に寄与する公共的なマインドを持ち,国際的な視野と知見・コミュニケーション力,かつ四国·徳島の在住者として地域に根ざした視点も備えた人材を,「国際協力」というテーマを通して育成する.

概要 必須

(日) 国際協力活動の実践者を学外から招き,理論と実践について学ぶ.JICA(国際協力機構)四国支部と,四国NGOネットワークの協力を得て,開講される授業.講師はNGOや政府機関,国際機関などの一員として世界各地で活躍する多士済々の人々.授業担当者(饗場)も国際協力の一環として国際的な選挙支援活動に関わっており,主に紛争地における平和構築を研究テーマのひとつにしている.

キーワード 推奨
  1. (日) 国際協力
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 国際協力 (international cooperation)
  2. (英) JICA
  3. (英) NGO
  4. (日) 国際社会
  5. (日) 平和構築
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 生活と社会/国際政治学入門([2011/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]])
    関連度 任意
  2. 生活と社会/政治とメディア([2011/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]])
    関連度 任意
注意 任意

(日) 講師や内容は変更される可能性がある.昨年度の「国際協力論 -四国から世界へ 知って理解し動ける人に-」とは内容が違うので,昨年度のこの授業を履修していても今年度の「国際協力論2 -四国から世界へ 輝く瞳のつくり方-」の受講は可能.

目標 必須
  1. (日) 国際協力の理論と実践について知識を得,意義や課題について考察し,自らも行動する意欲を高める.

計画 必須
  1. (日) イントロダクション・基礎講座

  2. (日) アフリカ・ザンビアにおける貧困と保健・医療などの支援

  3. (日) カンボジアにおける貧困と教育,保健・医療,職業訓練などの支援

  4. (日) 中国・内モンゴルにおける貧困と教育などの支援

  5. (日) イラクにおける紛争と平和構築の支援

  6. (日) カンボジアにおける紛争と地雷処理の支援

  7. (日) シエラレオネにおける紛争と武装解除の支援

  8. (日) 国際連合による多様な支援

  9. (日) ODAと国際協力機構(JICA)による支援

  10. (日) 徳島県や行政による取り組み

  11. (日) ソーシャルビジネス(企業)の取り組み

  12. (日) 人間の安全保障と平和構築

  13. (日) ゲームとワークショップ(1)

  14. (日) ゲームとワークショップ(2)

  15. (日) 補足と総括

評価 必須

(日) 期末レポートと平常点(出席回数,授業への取り組み方)で評価する.おおむね期末レポート40%,平常点60%.

再評価 必須

(日) 無し.

教科書 必須
  1. (日) 特に指定しない.

参考資料 推奨
  1. (日) 授業中に適宜,配布する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 饗場 和彦([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.公共政策系.法律・政治分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.公共政策コース])
    オフィスアワー 任意

    (日) 木曜日13:30∼14:30,金曜日14:30∼16:00.この時間以外でも在室時はいつでも可.

科目コード 推奨
  1. 0F305601
備考 任意