徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/国際関係論Ⅰ

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
220346
EOID
579108
Map
0
LastModified
2011年4月10日(日) 22:22:33
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (日) 国際関係論Ⅰ / (読) こくさいかんけいろん
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科.環境共生コース]/[学士課程]
  2. 2011/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科.公共政策コース]/[学士課程]
  3. 2011/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科.地域創生コース]/[学士課程]
  4. 2011/[徳島大学.総合科学部.総合理数学科.数理科学コース]/[学士課程]
  5. 2011/[徳島大学.総合科学部.総合理数学科.物質総合コース]/[学士課程]
  6. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間文化学科.国際教養コース]/[学士課程]
  7. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間文化学科.心理・健康コース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 饗場 和彦([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.公共政策系.法律・政治分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.公共政策コース])
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
単位 必須 2
目的 必須

(日) 米ソがにらみ合った冷戦中は,明日にも第三次世界大戦が起き,核兵器により地球が壊滅しかねない恐怖があった.89年,米ソ首脳が握手をかわし,幸運にも人類は冷戦を脱した.ポスト冷戦時代は安定した幸せな世界が到来すると期待したが,まもなく幻滅が広がった.噴出する内戦·民族紛争と,拡大する貧富の格差.新たな試練に苦闘するうちに世紀が変わると,9/11テロの衝撃が世界を揺るがした.そして今,アフガン戦争,イラク戦争と暴走するアメリカに振り回され,国際社会はいったい,どこに行こうとしているのか.この授業では,こうした変動する現代国際社会の現実を知り,そこで生起する諸問題について,特に平和と戦争に関係する観点を中心に,考察する.

概要 必須

(日) 国際社会における平和と戦争をめぐる諸相を学ぶ.授業では国際関係のリアリティをつかんでもらうためにも,筆者のフィールドワーク(紛争地での調査や国際的な選挙支援活動など)や,新聞記者の経験などに基づく"教科書に載っていない"解説も試みたい.また,適宜,時事的な国際ニュースも取り上げ,ビデオやスライドも使う.国際関係論Iでは,主に総論的,理論的,概念的な問題を扱う.

キーワード 推奨
  1. 戦争(war)
  2. 戦争(war)
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 国際関係論IとIIはそれぞれ独立しており,一方だけ受講することもできるが,Iで総論的,基礎的な解説を行い,IIではそれを元に各論的,発展的な内容になる面もあるので,連続して受講する方が望ましい.

目標 必須
  1. (日) 国際社会の性質,特徴を理解すること. 平和と戦争をめぐる現代の諸問題について,基本的な事実関係,実態を知ること.国際政治と国際法の基本について,とらえ方,原理,原則を把握すること.「冷静な現実主義」と,「高邁な理想主義」の両方を備えた視点を持つこと.

計画 必須
  1. (日) 国際社会の成り立ちと特徴(1)

  2. (日) 国際社会の成り立ちと特徴 (2)

  3. (日) 国際法の基本(1)

  4. (日) 国際法の基本(2)

  5. (日) 国際社会を見る理論的枠組(1)

  6. (日) 国際社会を見る理論的枠組(2)

  7. (日) 国際安全保障の諸理論(1)

  8. (日) 国際安全保障の諸理論(2)

  9. (日) 民族とアイデンティティ(1)

  10. (日) 民族とアイデンティティ(2)

  11. (日) 民族紛争(ルワンダ,旧ユーゴ,コソボなど)(1)

  12. (日) 民族紛争(ルワンダ,旧ユーゴ,コソボなど)(2)

  13. (日) 戦争の違法化(1)

  14. (日) 戦争の違法化(2)

  15. (日) 補足と総括

  16. (日) 試験

評価 必須

(日) 授業の区切りごとに質問や意見を書いて出してもらうが,それらで出欠の確認も行う.試験は論述式(短答式と長文論述併用)の期末試験を行う.持ち込み不可.成績は試験の結果に,出席状況,授業中の質疑応答などを加味して判断する.

再評価 必須

(日) 行わない.ただし,僅差で合格点に達しない受講者には,一定基準以上のレポートを追加提出すれば単位を認定する機会を与える.

教科書 必須
  1. (日) 教科書は特に指定せず,授業中に配布するレジュメ,資料に沿って解説する.参考書などは適宜,紹介する.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 饗場 和彦([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.公共政策系.法律・政治分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.公共政策コース])
    オフィスアワー 任意

    (日) 木曜日13:30∼14:30,金曜日14:30∼16:00.この時間以外でも在室時は随時可.

科目コード 推奨
備考 任意