徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/心理・健康ゼミナールⅡ

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
220183
EOID
554521
Map
0
LastModified
2011年1月20日(木) 16:01:18
Operator
境 泉洋
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (日) 心理・健康ゼミナールⅡ / (読) しんり けんこうぜみなーる に
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間文化学科.心理・健康コース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 境 泉洋
    肩書 任意 准教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
単位 必須 2
目的 必須

(日) 本ゼミでは大学生を中心とした若年者の社会的自立のための認知行動療法の適用を中心的なテーマとしています.現代社会においては,不登校,高校中退,大学中退,フリーター,非正規雇用,ニート,ひきこもり,ワーキングプアー,自殺,過労死,早期離職など,若年者の社会的自立にまつわる課題が多く存在します.こうした課題の解決においては,心理的要因と社会的要因の双方を考慮するコミュニティ心理学の観点が重要となります. 若年者の社会的自立の中でも,担当教員は「ひきこもりの認知行動療法」を主な研究テーマとしています.ひきこもり支援における認知行動療法の適用は,まだ端緒についたばかりですが,本研究室では現在,ひきこもり経験者やその家族への集団認知行動療法の効果検証に力を入れています.

概要 必須

(日) ゼミの時間では,各自がレポートを作成し,その発表を踏まえて議論を行います. 後期は,興味のあるテーマについての日本語,英語の学術論文を読み,議論を行います.そして,前期,後期の学習を踏まえ,卒業論文の計画を作成していきます.

キーワード 推奨
  1. 臨床心理学(clinical psychology)
  2. 認知行動療法(cognitive behavioural psychotherapy)
  3. 学習心理学(psychology of learning)
  4. コミュニティ心理学(community psychology)
先行科目 推奨
  1. 学習心理学([2011/[徳島大学.総合科学部.人間文化学科.心理・健康コース]/[学士課程]])
    必要度 任意 1.000000
  2. コミュニティ心理学([2011/[徳島大学.総合科学部.人間文化学科.心理・健康コース]/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科.地域創生コース]/[学士課程]])
    必要度 任意 1.000000
  3. 心理・健康ゼミナールⅠ([2011/[徳島大学.総合科学部.人間文化学科.心理・健康コース]/[学士課程]])
    必要度 任意 1.000000
関連科目 推奨
注意 任意
目標 必須
  1. (日) 研究計画立案能力の習得を目指します.

計画 必須
  1. (日) ガイダンス

  2. (日) 夏休み課題の発表

  3. (日) 夏休み課題の発表

  4. (日) 夏休み課題の発表

  5. (日) 各人の興味のあるテーマの日本語,英語論文についてレジュメ作成,発表,議論.卒論構想発表.

  6. (日) 各人の興味のあるテーマの日本語,英語論文についてレジュメ作成,発表,議論.卒論構想発表.

  7. (日) 各人の興味のあるテーマの日本語,英語論文についてレジュメ作成,発表,議論.卒論構想発表.

  8. (日) 各人の興味のあるテーマの日本語,英語論文についてレジュメ作成,発表,議論.卒論構想発表.

  9. (日) 各人の興味のあるテーマの日本語,英語論文についてレジュメ作成,発表,議論.卒論構想発表.

  10. (日) 各人の興味のあるテーマの日本語,英語論文についてレジュメ作成,発表,議論.卒論構想発表.

  11. (日) 卒論構想発表

  12. (日) 卒論構想発表

  13. (日) 卒論構想発表

  14. (日) データ入力実習

  15. (日) データ解析実習

  16. (日) まとめ

評価 必須

(日) 発表,受講態度によって総合的に評価する

再評価 必須

(日) 原則として再試験は実施しないが,受講生の事情に応じて追加レポート等により合否の判定を行うこともある.

教科書 必須
  1. (日) 特に指定しない

参考資料 推奨
  1. (日) 行動療法研究

URL 任意 http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/motohiro/
連絡先 推奨
  1. 境 泉洋
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 毎年開講