徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/運動療法学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
219471
EOID
577533
Map
0
LastModified
2011年4月10日(日) 04:00:59
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (日) 運動療法学 / (読) うんどうりょうほうがく
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程]
  2. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.心理学サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 三浦 哉([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.人間科学系.スポーツ健康分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.心身健康コース])
    肩書 任意 准教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
単位 必須 2
目的 必須

(日) 高血圧症,糖尿病,高脂血症に代表される生活習慣病の予防·治療のためには薬物療法だけではなく身体活動,つまり運動療法の重要性も明らかにされている.本講義では,生活習慣病の予防·治療のための運動の意義およびその運動療法の実際を概説し,健康·疾病の観点から運動の重要性を再認識してもらう.一方,傷害予防·再発防止のためにスポーツマッサージ,テーピング,ストレッチングなどのアスレティックリハビリテーションの方法が普及している.そこで本講義ではこれら手法の生理的側面からみた意義を講義し,実際にそれらの手法も修得させる.

概要 必須

(日) 疾病後の運動の意義および傷害予防のリハビリテーション

キーワード 推奨
  1. (日) 運動療法
  2. (日) 生活習慣病
  3. (日) リハビリテーション
先行科目 推奨
  1. 運動生理学([2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.心理学サブコース]/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程]])
    必要度 任意 0.600000
  2. コンディショニング論([2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.心理学サブコース]/[学士課程]])
    必要度 任意 0.600000
関連科目 推奨
  1. コンディショニング論([2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.心理学サブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意 0.800000
  2. スポーツ生理学([2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.心理学サブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意 0.800000
  3. 運動生理学([2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.心理学サブコース]/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意 0.800000
  4. 運動生理学実験実習([2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.心理学サブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意 0.800000
注意 任意

(日) 本授業は講義形式の授業であるが,一部実習の形態を取り入れて実施する.

目標 必須
  1. (日) 生活習慣病と運動との関わり,およびスポーツ障害の予防法を理解すること

  2. (日) 自分自身,また,他者に対して運動の重要性,障害の予防法をアドバイスする知識を習得すること

計画 必須
  1. (日) 運動療法の概念

  2. (日) 生活習慣病について

  3. (日) 高血圧症に対する運動療法

  4. (日) 糖尿病に対する運動療法

  5. (日) 高脂血症に対する運動療法

  6. (日) 肥満症に対する運動療法

  7. (日) 虚血性心疾患に対する運動療法

  8. (日) 認知症と運動との関係

  9. (日) 転倒防止と運動との関係

  10. (日) がんと運動との関係

  11. (日) 運動療法の実際(実習)

  12. (日) スポーツマッサージの理論·方法

  13. (日) テーピング·スポーツ装具の効果と方法

  14. (日) ストレッチングの理論·方法

  15. (日) 試験

  16. (日) 総括

評価 必須

(日) 本授業は講義·実習形式であり,成績評価は出席状況,授業への取り組み姿勢などによる平常点での評価,実習の試験および後期試験結果から総合的に評価する.なお,平常点は20点,実習の試験は10点,および後期試験は70点,合計100点で評価する.

再評価 必須

(日) 実施する

教科書 必須
  1. (日) 教科書は使用せず関連資料の印刷物を随時配布する.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 三浦 哉([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.人間科学系.スポーツ健康分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.心身健康コース])
    オフィスアワー 任意

    (日) 金曜日11時55分から12時50分 応用生理学研究室(総合科学部1号館1階),E-mail hajime-m@ias.tokushima-u.ac.jp

科目コード 推奨
備考 任意