徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/社会変動研究

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
219394
EOID
575862
Map
0
LastModified
2011年4月8日(金) 19:15:58
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (日) 社会変動研究 / (読) しゃかいへんどうけんきゅう
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程]
  2. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]
  3. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域情報サブコース]/[学士課程]
  4. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域社会サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 樋口 直人
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 数十年単位の社会の変化を巨視的に捉えるのが,社会変動論の特徴である.本講義では,そのうち現代社会の特質を把握するためのさまざまな議論を,個別領域毎に解説していきたい.今年度は,今後わたしたちが生きていく21世紀の特質を,過去との比較という観点からみていきたい.受講者には,自分たちが現在生活している現代社会を自分なりに理解する機会としてほしい.理解を助けるための映画を1回鑑賞するほか,受講生が過度に多くなければグループ・ディスカッションもしてもらう.

概要 必須

(日) 21世紀はどういう社会なのか

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) この講義では,社会学の基本的な概念の解説も盛り込んでおり,社会学入門的な性格も持たせてある.ただし,知識そのものを覚えてもらうことは重視しない.社会学的な思考法を学んでもらうこと,現代社会の課題や問題を自分のこととしてとらえ,自分なりの意見を持ってもらうことを重視する.そのため,毎回課題について簡単なコメントを書いてもらい,評価に加える.

目標 必須
  1. (日) 自分で選択したテーマについて,文献を読んでデータを集め,レポートを書けるようにする(詳細は後述).

計画 必須
  1. (日) 1. イントロダクション

  2. (日) 2. 情報化とネットワーク社会の誕生

  3. (日) (1) 情報社会と都市の盛衰

  4. (日) (2) 情報技術と社会関係の変容

  5. (日) 3. 個人化する社会

  6. (日) (1) 個人化する家族――社会の個人化とは何か

  7. (日) (2) 新宗教と社会変動

  8. (日) 4. 身体をめぐる政治

  9. (日) (1) 身体は誰のものか?──中絶をめぐる政治

  10. (日) (2) 生殖技術と身体への介入

  11. (日) (3)生殖技術に関わる映画鑑賞

  12. (日) (4)生殖技術をめぐるグループ·ディスカッション

  13. (日) 5.リスク社会としての現代

  14. (日) (1)リスク社会の誕生

  15. (日) (2)リスクの何が問題なのか

  16. (日) 6.福祉国家と労働市場の再編

  17. (日) (1)誰が福祉を担うのか?

  18. (日) (2)正社員からフリーターへ?

評価 必須

(日) 成績評価はレポートと出席点による.6月に提出してもらうレポートの原案にコメントをつけて返却する.受講者は,それをもとにレポートを完成させて8月に提出する.毎回提出してもらう小テストが40点,レポートの計画書が10点,レポートが50点という配分になる.評価基準やレポートのテーマ設定,書式など詳しくは初回に説明するので,必ず出席すること.

再評価 必須

(日) レポート計画書を提出している者に対して認める

教科書 必須
  1. (日) 毎回レジュメを配布する.関連する文献リストを初回に配布する.レポート作成にあたっては,参考文献を5点以上読んで引用することが求められる.

  2. (日) 参考書 落合恵美子『21世紀家族へ』有斐閣

  3. (日) 参考書 ウルリヒ·ベック『危険社会』法政大学出版局

  4. (日) 長谷川公一他『社会学』有斐閣

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 樋口 直人
    オフィスアワー 任意

    (日) (前期)水曜日 12時∼13時

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 平成24年度開講