徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/力学Ⅱ

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
219031
EOID
541021
Map
0
LastModified
2010年11月29日(月) 10:36:26
Operator
水本 匡昭
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (日) 力学Ⅱ / (読) りきがく
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学部.総合理数学科.物質総合コース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 中山 信太郎
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 質点から質点系・剛体へ運動方程式を変形できるようになる.質点運動を中心に記述した「力学I」で履修した内容から出発点として質点系・剛体の運動を理解できるようになる.力学の考え方は自然科学の各分野で広く用いられている.基本的な問題を自ら解くことによって自然の運動現象を理解を深めると同時に,それを解いていく力を身につけることによって,物事を理解する力をつける.

概要 必須

(日) 古典力学をとおして自然科学の法則を学ぶ.ニュートン力学の基本的な3法則から物体のさまざまな運動がどのように理解されるのかを知る.「力学I」の質点運動から質点系・剛体の運動へと展開していく.個々の事象についての問題演習を通して力学理論を理解し,その考え方を身につける.

キーワード 推奨
  1. (日) 運動方程式 / (読) うんどうほうていしき
  2. (日) 質点系 / (読) しつてんけい
  3. (日) 剛体 / (読) ごうたい
  4. (日) 角運動量 / (読) かくうんどうりょう
  5. (日) 慣性モーメント / (読) かんせいもーめんと
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 大学初年度に学習した「物質科学の基礎 I」の初歩の数学(微分,積分,ベクトル)を理解しておく.先行科目「力学I」で学んだ質点の力学に関する基本事項を充分に復習し,不明な点があれば質問する.講義中に疑問があれば質問したり,予習·復習をすることが前提である.

目標 必須
  1. (日) 質点運動から質点系・剛体の運動への運動方程式を展開できる.

  2. (日) 回転運動における角運動量,慣性モーメントが理解できるようになる.

  3. (日) 剛体の重心,慣性モーメントの多重積分ができるようになる.

  4. (日) 並進運動と回転運動を組み合わせた運動を理解する.

計画 必須
  1. (日) 質点と運動方程式

  2. (日) 運動量による表記

  3. (日) 角運動量による表記

  4. (日) 運動エネルギーによる表記

  5. (日) 保存力と位置エネルギー

  6. (日) 質点系と剛体

  7. (日) 剛体の重心

  8. (日) 剛体のつり合い

  9. (日) 剛体の回転運動

  10. (日) 慣性モーメント

  11. (日) 重心位置と慣性モーメントの計算

  12. (日) 並進運動と回転運動

  13. (日) 剛体の運動

  14. (日) 角運動量と回転エネルギー

  15. (日) 期末試験

  16. (日) 総括授業

評価 必須

(日) 授業への取り組み状況,小テスト,期末試験などによる.

再評価 必須

(日) 小テストが一定レベルに達しているものは再試験を認める.

教科書 必須
  1. (日) 自作テキスト「力学I」(生協で販売)

  2. (日) 物理学演習問題集 力学編 原康夫・右近修治共著 学術図書

参考資料 推奨
  1. (日) 岩波物理入門コース 「力学」 戸田盛和著 岩波書店

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 中山 信太郎
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意