徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/ヨーロッパ地域研究特論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
219024
EOID
552712
Map
0
LastModified
2011年1月14日(金) 18:29:35
Operator
今井 晋哉
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (日) ヨーロッパ地域研究特論 / (読) よーろっぱちいきけんきゅうとくろん
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]
  2. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程]
  3. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 今井 晋哉([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.ヨーロッパ分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) この科目は,専門的歴史研究および史料の一端を紹介しながら,専門的に歴史の勉強を進めるとはどういうことなのかを,特に「歴史·社会サブコース」に所属する受講者に体験してもらうための科目である.今年度は,「ヨーロッパ歴史·社会論」の講義でとりあげた対象のうち,「ナチスの人種主義政策」をテーマとして,それについて受講者とともに,より深く学習したいと考えている.

概要 必須

(日) ドイツ近現代史研究の一端の体験

キーワード 推奨
  1. (日) ナチズム / (読) なちずむ
  2. (日) 人種主義 / (読) じんしゅしゅぎ
  3. (日) 優生学 / (読) ゆうせいがく
  4. (日) 反ユダヤ主義 / (読) はんゆだやしゅぎ
  5. (日) ホロコースト
先行科目 推奨
  1. ヨーロッパ歴史·社会論III([2005/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程]]/[2005/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]]/[2005/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程]]/[2005/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]])
    必要度 任意 0.500000
関連科目 推奨
  1. ヨーロッパ歴史·社会論II([2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意
注意 任意

(日) 本科目のテーマ·内容に興味のある人なら誰でも歓迎されるが,上記のような趣旨の科目なので,歴史研究や西洋近現代史に対する関心は薄く,単に単位取得を希望するという人々には不向きであろう. なお,ドイツ語の知識は特に必要ではない.

目標 必須
  1. (日) 授業でとりあげる事象の具体的様相を探り,テーマについて考察することを通じて,専門的な歴史研究の方法を理解すること.

計画 必須
  1. (日) まず,とりあげるテーマにアプローチするための論点とその歴史的背景を理解するための講義を,数回にわたって行う.

  2. (日) そのうえで,文献·史料の一部を受講者にも予め読んできてもらい,授業時にその要点について報告してもらう.さらに,内容を確認し,問題を理解するための質疑応答や討論を行う.

  3. (日) 授業時には,可能な限り絵や地図,写真,映像など,様々な資料も提示し,授業でとりあげる事象について具体的に理解するための一助としたいと考えている.

  4. (日) より詳しいことは,開講時に説明する.

評価 必須

(日) 授業時に出される課題へのとりくみ方など,授業への参加の状況と期末のレポートとによって評価する.

再評価 必須

(日) 場合によっては行う(レポート再提出).

対象学生 不用

(日) 3年生以上

教科書 必須
  1. (日) 特定の教科書は用いない.教材や資料は授業時に配付する.

参考資料 推奨
  1. (日) 毎回の授業時に紹介する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 今井 晋哉([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.ヨーロッパ分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    オフィスアワー 任意

    (日) (火)16:30-18:00

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 隔年開講(2011年度後期開講).