徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/文化研究の基礎

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
218988
EOID
556892
Map
0
LastModified
2011年1月27日(木) 15:06:07
Operator
石川 榮作
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Introductory lecture of cultural research / (日) 文化研究の基礎 / (読) ぶんかけんきゅうのきそ
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間文化学科]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 田島 俊郎([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.ヨーロッパ分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    肩書 任意
  2. 石川 榮作
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(英) Introductory lecture of cultural research

(日) 文化とはある人間の集団,民族や国民や,部族のような人々の集まりの構成員に共有される約束ごとをいう.大はいわゆる民族や部族のような地域的,政治的グループであっても,学生,会社員,医者,などの職業や年齢などによる比較的小さなグループ,さらに遊び仲間のようなごく小さなグループであっても,そのグループに独特の約束ごとはもっている.そういった約束ごとの総体を文化と呼ぼう.文化を共有するかどうかで,共同体に受け入れられ,あるいは排除されることがある. 文化は時に部外者には不合理で不可解なものに見える.さらに集団のなかで共有された規約であるはずなのに集団の構成員自身にも不可視であることがある.不可視な文化的約束ごとは,内部の人間にとっても不合理で不可解であることもある.そういった文化を約束ごととして認識していくことが,文学や言語学,哲学,美学,文化人類学などが文化研究の方法である.

概要 必須

(英) In the first half, Tajima describes the methodology that observes and analyzes the cultures. Ishikawa in the latter half concretely analyzes it the theme of German literature, the opera, and the movie.

(日) 前半に田島が文化を観察し分析する方法論について述べ,後半には石川が,ドイツ文学やオペラ,映画を題材に具体的に分析する. 田島は言語学,文化人類学,レトリック論,文学など,文化を読み解く手法について概観する. 石川は,5,6世紀のゲルマン民族移動時代にその伝説が生まれたとされる英雄ジークフリートを取り上げ,この人物を主人公とした英雄叙事詩『ニーベルンゲンの歌』やワーグナーのオペラ,ウーリー・エデル監督の映画の特質を探っていく.

キーワード 推奨
  1. 文化(culture)
  2. 文学(literature)
  3. オペラ(opera)
  4. 言語学(linguistics)
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(英) The comments and the questions are always welcome. Positive participation in the class is expected.

(日) コメントや質問などは大いに歓迎します.授業への積極的な参加を期待します.

目標 必須
  1. (英) The base to research the culture will be built up by learning the analysis method, and touching some aspects of the mode of expression.

    (日) 分析の方法について学び,実際の表現方法の諸相にも触れることによって,文化を研究するための基礎を築き上げる.

計画 必須
  1. (英) Introduction

    (日) 文化とは何か,文化を研究するとは

  2. (英) Word and culture

    (日) ことばと文化

  3. (英) The world is divided by the word.

    (日) ことばで世界を切りわける

  4. (英) Social anthropology and pensee sauvage

    (日) 文化人類学,野生の思考

  5. (英) Rhetoric, metaphor, and metonymy

    (日) レトリック,隠喩と換喩

  6. (英) Method of literature

    (日) 文学の方法

  7. (英) Literature presents the view of the world

    (日) 文学は世界の見方を提示する

  8. (英) German heroic epic 'The Nibelungenlied' (1)

    (日) ドイツ英雄叙事詩『ニーベルンゲンの歌』(1)

  9. (英) German heroic epic 'The Nibelungenlied' (2)

    (日) ドイツ英雄叙事詩『ニーベルンゲンの歌』(2)

  10. (英) German heroic epic 'The Nibelungenlied' (3)

    (日) ドイツ英雄叙事詩『ニーベルンゲンの歌』(3)

  11. (英) German heroic epic 'The Nibelungenlied' (4)

    (日) ドイツ英雄叙事詩『ニーベルンゲンの歌』(4)

  12. (英) Wagner's opera 'Siegfried'

    (日) ワーグナーのオペラ『ジークフリート』

  13. (英) Wagner's opera 'Goetterdaemmerung'

    (日) ワーグナーのオペラ『神々の黄昏』

  14. (英) Uli Edel's movie 'Ring of the Nibelungen' (1)

    (日) ウーリー・エデルの映画『ニーベルングの指環』(1)

  15. (英) Uli Edel's movie 'Ring of the Nibelungen' (2)

    (日) ウーリー・エデルの映画『ニーベルングの指環』(2)

  16. (英) Report

    (日) レポート

評価 必須

(英) It depends on the level of the participation contribution to the class and on the report submitted.

(日) レポートおよび授業への参加貢献の程度による

再評価 必須

(英) Nicht! Non!

(日) なし

教科書 必須
  1. (英) Material will be presented, and distributed. In Ishikawa's lecture, the translation of Chikuma-bunko is neccesary,too.

    (日) 資料を提示,配布する.石川の授業ではプリントを配布するほか,石川栄作訳(新訳『ニーベルンゲンの歌』前編,ジークフリートの暗殺,ちくま文庫)を使用する.

参考資料 推奨
  1. (英) Will be mentioned during the class.

    (日) 授業中に紹介する.

URL 任意 http://www.ias.tokushima-u.ac.jp/ob/introcul/index.html
連絡先 推奨
  1. 石川 榮作
    オフィスアワー 任意

    (日) 金曜日15時から16時

  2. 田島 俊郎([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.ヨーロッパ分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    オフィスアワー 任意

    (日) 田島俊郎:木曜日12時から13時まで

科目コード 推奨
備考 任意