徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/日本文学基礎研究III (後期)/「昭和文学史」再考

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
218936
EOID
558390
Map
0
LastModified
2011年2月9日(水) 15:48:46
Operator
水本 匡昭
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (日) 日本文学基礎研究III (後期) / (読) にほんぶんがくきそけんきゅう
題目 不用 (日) 「昭和文学史」再考
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程]
  2. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.アジア研究サブコース]/[学士課程]
  3. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 鳥羽 耕史
    肩書 任意
  2. 衣川 仁([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 「近代文学の終り」(柄谷行人)が語られる中,「現代文学」が何であるのかは,文学観が問われる問題である.ここでは,「近代文学」の延長線上にある「現代文学」として考えられるのが,とりあえず「昭和」の文学であると仮定して,「昭和文学史」を再検討してみたい.授業の中では,それぞれの時期の文学をプリントで紹介しつつ,「文学史」の展開を考えていきたい.

概要 必須

(日) プリントを教材として用い,二日目以降のプリントは事前に読んできてもらう.授業はそれを前提として行い,出席者には積極的な発言を求める.

キーワード 推奨
  1. 文学(literature)
先行科目 推奨
  1. 日本文学基礎研究III (前期)/「マス」メディアにおける「記録」([2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.アジア研究サブコース]/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]])
    必要度 任意 0.161687
関連科目 推奨
  1. 日本文学演習III([2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.アジア研究サブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意 0.173205
  2. アジアの近代([2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース]/[学士課程]])
    関連度 任意 0.223607
注意 任意

(日) 授業時に発言を求めるので,指定された場合にはテキストを読んだ上で授業に臨むこと.

目標 必須
  1. (日) 「昭和文学史」の流れをつかんだ上で文学を読むことができるようになる.

計画 必須
  1. (日) ガイダンス:「昭和文学」と「現代文学」

  2. (日) 関東大震災と「昭和」のはじまり

  3. (日) モダニズム文学

  4. (日) プロレタリア文学

  5. (日) 転向文学と「文芸復興」

  6. (日) 戦時下の文学(1)

  7. (日) 戦時下の文学(2)

  8. (日) 戦後の文学(1)

  9. (日) 戦後の文学(2)

  10. (日) 戦後の文学(3)

  11. (日) 高度成長期の文学(1)

  12. (日) 高度成長期の文学(2)

  13. (日) 高度成長期の文学(3)

  14. (日) 1980年代の文学

  15. (日) 「昭和文学史」再考

  16. (日) レポート

評価 必須

(日) 出席確認を兼ねた毎回の小レポートと授業時の発言,期末レポートにより総合的に評価する.

再評価 必須

(日) 行わない.

教科書 必須
  1. (日) 特に指定しない.教材としてプリントを配布する.

参考資料 推奨
  1. (日) 年表の会編『近代文学年表』(双文社出版,2002年増補4版),『新潮日本文学アルバム別巻 昭和文学アルバム1・2』(新潮社,1986-87年)など.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 鳥羽 耕史
    オフィスアワー 任意
  2. 衣川 仁([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意