徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/日本言語基礎研究II (前期)

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
218917
EOID
554759
Map
0
LastModified
2011年1月20日(木) 20:23:13
Operator
仙波 光明
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (日) 日本言語基礎研究II (前期) / (読) にほんげんごきそけんきゅう
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.アジア研究サブコース]/[学士課程]
  2. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程]
  3. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 仙波 光明
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 日本語はどのような歴史をたどってきたか.前期は,日本語の音韻(発音の変化など)を中心に,言語変化の原理を理解できるようにする.

概要 必須

(日) 日本語の歴史通覧(23年度前期は開講しません.後期月曜5・6校時で受講してください)

キーワード 推奨
  1. (日) 音韻史 / (読) おんいんし
  2. (日) 上代特殊仮名遣 / (読) じょうだいとくしゅかなづかい
  3. (日) ヤ行のイェ / (読) やぎょうのいぇ
  4. (日) 撥音 / (読) はつおん
  5. (日) 促音 / (読) そくおん
  6. (日) オ段長音 / (読) おだんちょうおん
  7. (日) 連声 / (読) れんじょう
  8. (日) 四つ仮名 / (読) よつがな
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 不用

(日) 特になし

注意 任意
目標 必須
  1. (日) 日本語の歴史を音韻の面から学び,発音の変化はなぜ起こるのか,また,それが他の要素にどのように影響するかを考える.

計画 必須
  1. (日) 音韻とは何か.および,国語史の時代区分について.

  2. (日) 奈良時代1(なぜ,8母音だったと考えられるのか.)

  3. (日) 奈良時代2(母音体系と文法体系の関係)

  4. (日) 平安時代1(ア行のエのヤ行のイェへの統合)

  5. (日) 平安時代2(母音の減少がもたらしたもの)

  6. (日) 平安時代3(ハ行子音の発音の変遷が意味するもの)

  7. (日) 平安時代4(音韻としての撥音「ン」と促音「ッ」の成立)

  8. (日) 鎌倉室町時代1(ワ行「ヰ」「ヱ」の消滅と合拗音)

  9. (日) 鎌倉室町時代2(オ段長音の変遷.開音合音の発生から開合の区別消滅まで)

  10. (日) 鎌倉室町時代3(キリシタン資料から分かる室町時代の音韻体系)

  11. (日) 鎌倉室町時代4(音便,連濁,連声)

  12. (日) 江戸時代以降1(四つ仮名〔ジヂズヅ〕の混同)

  13. (日) 江戸時代以降3(江戸語・東京語の音韻)

  14. (日) アクセントの歴史

  15. (日) 試験

  16. (日) 補足とまとめ

評価 必須

(日) 各時代を特徴づける語彙について基本的なことがらを理解できているかどうかについて,小テストなどで,40%,期末試験を60%の割合で評価する予定.

再評価 必須

(日) あり

対象学生 不用 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 沖森卓也編『日本語史』(おうふう)1900円を予定.

  2. (日) 参考書 平凡社ライブラリー『日本語の歴史』1∼7ほか

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 仙波 光明
    オフィスアワー 任意

    (日) 月曜日 16時30分∼17時30分 その他随時.

科目コード 推奨
備考 任意