徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/哲学思想基本研究II (その4)

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
218884
EOID
548002
Map
0
LastModified
2011年1月4日(火) 10:13:47
Operator
石田 三千雄
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (日) 哲学思想基本研究II (その4) / (読) てつがくしそうきほんけんきゅう
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]
  2. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程]
  3. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 石田 三千雄
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) カントの『人倫の形而上学』第二部「徳論の形而上学的基礎論」を読んで,倫理学の基本概念についての考え方を学ぶ.

概要 必須

(日) カントの「徳論の形而上学的基礎論」は徳や義務について詳細に論じている.徳論は,内的立法のみが可能な法則を対象とし,行為主体に選択の余地がある義務を主題としている.徳論にかかわる義務は自己自身による強制が可能である.『人倫の形而上学』第二部を読むことによって,徳義務のさまざまの問題を考えてみたい.

キーワード 推奨
  1. (日) カント / (読) かんと
  2. (日) 徳 / (読) とく
  3. (日) 義務 / (読) ぎむ
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 哲学思想基本研究I (その4)([2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意
  2. 哲学思想基本研究III (その4)([2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意
注意 任意

(日) 演習形式で授業を進めるので,演習時間毎に予習が不可欠である.学生諸君の積極的な参加と準備・議論を期待する.

目標 必須
  1. (日) カントの徳の概念について自分で考え,討論することができる.

計画 必須
  1. (日) ガイダンス

  2. (日) 2∼3 徳論への序論(8):良心について

  3. (日) 4∼5 徳論への序論(9):尊敬について

  4. (日) 6∼7 人倫の形而上学の一般的原則

  5. (日) 8∼9 徳一般について

  6. (日) 10∼11 徳論を法論から分ける原理について

  7. (日) 12∼13 徳と自分の支配

  8. (日) 14 徳と無情念

  9. (日) 15 レポートの課題提示

  10. (日) 16 総括授業

評価 必須

(日) 毎回の出席状況,議論状況を基本に評価し,学期末にレポートを課す.

再評価 必須

(日) 行わない.

対象学生 不用

(日) 2年次以上

教科書 必須
  1. (日) 授業の時に資料を配付する.

参考資料 推奨
  1. (日) 『世界の名著32 カント』中央公論社

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 石田 三千雄
    オフィスアワー 任意

    (日) 水曜日 14時∼15時

科目コード 推奨
備考 任意