徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/地域調査法ⅡH

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
218847
EOID
545888
Map
0
LastModified
2010年12月22日(水) 20:57:58
Operator
水本 匡昭
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (日) 地域調査法ⅡH / (読) ちいきちょうさほう
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科.地域創生コース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 北村 修二
    肩書 任意
  2. 中嶋 信
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 地域の活性化においては,地域調査による分析,特に地域および地域政策に関する統計資料・資料分析とフィールドワークに基づく実証的な分析が欠かせない.このためこの授業では,統計分析や地域調査を行うための方法,また調査結果を分析する方法を実践的に修得することを目的としている.このように地域の活性化に欠かせない地域調査に関する研究手法や分析方法を実践的な形で学ぶ.地域調査の実践により地域調査の重要性とその意味を理解するとともに,調査結果については,報告書等にまとめるよう努める.

概要 必須

(日) 地域調査と統計資料を用いた地域分析方法の実践的な習得

キーワード 推奨
  1. (日) 地域調査 地域情報 情報・統計分析
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 地域調査演習Hでは地域調査の理論と技法を,地域調査法IH ·IIH では地域調査の実践と応用を学ぶので,両者を併せて前後期とも受講すること.ただし,本授業は実習という性格のため,受講者数を制限する場合がある.また,現地調査等については定められた授業時間外に,宿泊または日帰りで行う場合がある.

目標 必須
  1. (日) 具体的な調査事例を通じた,地域調査の方法の習得が目標

計画 必須
  1. (日) 現地調査の企画

  2. (日) 現地調査に必要な地域情報データ等の収集

  3. (日) 地域データの整理・分析

  4. (日) 現地調査(1)

  5. (日) 現地調査(2)

  6. (日) 現地調査(3)

  7. (日) 現地調査(4)

  8. (日) 調査結果の分析(1)

  9. (日) 調査結果の分析(2)

  10. (日) 補足調査と補足資料収集(1)

  11. (日) 補足調査と補足資料の収集(2)

  12. (日) 調査結果のまとめ(1)

  13. (日) 調査結果のまとめ (2)

  14. (日) 調査結果の発表

  15. (日) 報告書の作成(1)

  16. (日) 報告書の作成(2)

評価 必須

(日) レポートや報告内容,調査時における参加姿勢,発表内容等により評価する.

再評価 必須

(日) 無

教科書 必須
  1. (日) 本授業では教科書を定めず授業を行う.必要な資料については適時紹介する.

参考資料 推奨
  1. (日) 必要な参考資料については適時紹介する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 北村 修二
    オフィスアワー 任意
  2. 中嶋 信
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 平成24年度開講