徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/社会統計学Ⅱ

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
218702
EOID
540692
Map
0
LastModified
2010年11月29日(月) 10:34:38
Operator
水本 匡昭
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (日) 社会統計学Ⅱ / (読) しゃかいとうけいがく
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科.地域創生コース]/[学士課程]
  2. 2011/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科.公共政策コース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 矢部 拓也([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) この授業では地域社会とその変容を調査・分析するための多様な理論,視角,手法について議論することを目的とする.特に,地域社会学,都市社会学的視点からの実証的な研究に関する基礎的な文献を取り上げ,実際の調査に必要な知識と社会学的想像力を身につけることを目指す.

概要 必須
キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意
目標 必須
計画 必須
  1. (日) クロス集計表:SPSSを動かしながら「二重クロス集計表」「標本に基づく母集団に関する推測」「確率と帰無仮説」「χ二乗検定」について説明する.

  2. (日) 複数の平均の差の検定:SPSSを動かしながら,「分散分析」「ANOVAモデル」「F分布」「相関比(イータ二乗)」について説明する.

  3. (日) 分散分析を用いた実証論文の精読:分散分析を使った実証論文を読み,実際の論文において分散分析がどのように使われているのかを理解する.

  4. (日) 2変量回帰と相関:SPSSを動かしながら,「散布図と回帰直線」「線形回帰式」「決定係数と相関係数」「標準回帰係数」「はずれ値の問題」について説明する

  5. (日) 多重分割表分析の理論:「不可変数の統制(疑似関係,媒介関係,複合関係)」「2×2表における第3変数の統制」「偏相関係数」について説明する

  6. (日) 重回帰分析:SPSSを動かしながら,「3変量回帰モデル」「独立変数が3つ以上の重回帰分析」「ダミー変数を用いた回帰分析」を説明する

  7. (日) 重回帰分析を用いた実証論文の精読:重回帰分析を用いた実証論文を読み,実際の論文において重回帰分析がどの様に使われているのか理解する.

  8. (日) ロジスティック回帰分析:SPSSを動かしながら,「ロジスティック回帰の機能・要素・仮定」「ロジスティック回帰係数の解釈」「予測の精度」「残差分析」について説明を行う.

  9. (日) ロジスティック回帰分析を用いた実証論文の精読:ロジスティック回帰分析を用いた実証論文を読み,実際の論文においてロジスティック回帰分析がどの様に使われているのかを理解する.

  10. (日) 非線型回帰:SPSSを動かしながら,「非線型とは何か」「非線型回帰の仮定」「非線型モデルの設定」「曲線の当てはめ」などについて説明を行う.

  11. (日) 因果モデルとパス解析:「因果の過程」「因果図式」「パス解析」を説明する.場合によってはAMOSでの分析を行う.

  12. (日) 主成分分析・因子分析:SPSSを動かしながら,「主成分分析」「因子分析(直交回転)」「因子分析(斜交回転)」についての説明を行う.

  13. (日) パス解析,因子分析を用いた実証論文の精読:パス解析,因子分析を用いた実証論文を読み,実際の論文においてパス解析,因子分析がどのように用いられているのかを理解する.

  14. (日) クラスタ分析:SPSSを動かしながら,「クラスタ分析の機能,目的,データタイプ」「距離と標準化」「階層クラスタ分析」「K-meansクラスタ分析」についての説明を行う.

  15. (日) クラスタ分析を用いた実証論文の精読:クラスタ分析を用いた実証論文を読み,実際の論文においてクラスタ分析がどのように用いられているのかを理解する.

  16. (日) オリジナル分析:2次データを利用して,これまで習った分析手法を用いた仮説検証を行う.

評価 必須

(日) 授業毎に提出してもらう課題と期末レポート

再評価 必須
教科書 必須
  1. (日) ボーンシュテット&ノーキ,社会統計学,ハーベスト社,1990 古谷野亘,多変量解析ガイド,川島書店,1988

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 矢部 拓也([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意