徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/工芸表現と技法

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
218601
EOID
554559
Map
0
LastModified
2011年1月20日(木) 16:25:27
Operator
平木 美鶴
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (日) 工芸表現と技法 / (読) こうげいひょうげんとぎほう
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科.地域創生コース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 平木 美鶴([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.情報・表現分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 工芸と純粋美術の違いは,絵画や彫刻のような純粋美術が生活の中での使用目的を 全く持たないことに対して,工芸品は陶芸,手芸,木工などのように日常生活における使用目的を持った要素が多くなる.しかしながら,最近のすぐれた現代工芸は使用目的から離れ,純粋美術に近付いてきている.そのような現代工芸のあり方を探ると共に,工芸の実技を通して 素材への理解や道具を使用する基本的な能力を養う.

概要 必須

(日) 具体的には木を素材として木の特徴を理解した上で木を切る,削る,磨く,着色することにより木工作品を制作する.

キーワード 推奨
  1. (日) 美術
  2. (日) 工芸
先行科目 推奨
  1. アート表現基礎([2011/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科.地域創生コース]/[学士課程]])
    必要度 任意
  2. 環境アート([2011/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科.地域創生コース]/[学士課程]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 隔年講義である. 2012年度に開講する. 材料費を徴収する.

目標 必須
  1. (日) 素材への理解や道具を使用する基本的な能力と感性を養う

計画 必須
  1. (日) 現代工芸について

  2. (日) レリーフについて

  3. (日) レリーフの構想を練る

  4. (日) レリーフの下絵を木にトレースする

  5. (日) レリーフの構想に従い大まかに切り取る1

  6. (日) レリーフの構想に従い大まかに切り取る2

  7. (日) レリーフを彫刻刀で彫る1

  8. (日) レリーフを彫刻刀で彫る2

  9. (日) レリーフを彫刻刀で彫る3

  10. (日) レリーフに磨きを入れ完成.批評会

  11. (日) 木彫の立体作品説明構想を練る

  12. (日) 木彫の立体作品彫刻刀で彫る1

  13. (日) 木彫の立体作品彫刻刀で彫る2

  14. (日) 木彫の立体作品彫刻刀で彫る3

  15. (日) 木彫の立体作品彫刻刀で彫る4

  16. (日) 磨きを入れ完成.批評会

評価 必須

(日) 評価は,作品評価を基本として,出席や授業への取組み姿勢等を併用して行う.

再評価 必須

(日) なし

教科書 必須
  1. (日) なし

参考資料 推奨
  1. (日) なし

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 平木 美鶴([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.情報・表現分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 美術の教員志望者は必ず履修する事