徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/欧米言語ゼミナール (その3)

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
218446
EOID
554630
Map
0
LastModified
2011年1月20日(木) 17:12:15
Operator
山内 暁彦
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (日) 欧米言語ゼミナール (その3) / (読) おうべいげんごぜみなーる
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 山内 暁彦([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.英語圏分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    肩書 任意 准教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
単位 必須 2
目的 必須

(日) 欧米における古今の諷刺文学の中からいくつか代表的なものを取り上げ研究する.

概要 必須

(日) 欧米の諷刺文学

キーワード 推奨
  1. 諷刺(satire)
先行科目 推奨
  1. 英米文化研究II (その1)([2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]])
    必要度 任意
  2. 英米文化研究II (その2)([2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 受講生には,ゼミに参加する過程で,各自,関心のある作品を見い出し,それを対象として更に研究を進めて行くことを望む.

目標 必須
  1. (日) 諷刺文学の持つ意味を自分なりに理解すること.

計画 必須
  1. (日) 様々な作品を講読の形で取り扱う.また,それらを題材に,諷刺の起源や原理,主題や技法に関しても検討する.

評価 必須

(日) 出席状況,発表などの,ゼミに取り組む態度,レポート試験の得点などにより,総合的に成績評価を行なう.

再評価 必須

(日) 行なう.

対象学生 不用

(日) 3,4年

教科書 必須
  1. (日) Arthur Pollard, Satire

参考資料 推奨
  1. (日) 参考書については,授業中に指示する.各種ハンドアウトを授業中に配布する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 山内 暁彦([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.英語圏分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    オフィスアワー 任意

    (日) 金曜日 12時∼13時

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) この授業科目は8単位まで履修することができます.(その3)は4年次前期の履修です.