徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/物質情報特論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
218192
EOID
558344
Map
0
LastModified
2011年2月9日(水) 13:17:57
Operator
伏見 賢一
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学教育部(授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (日) 物質情報特論 / (読) ぶっしつじょうほうとくろん
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/基盤科学分野(理系)/[博士前期課程]
担当教員 必須
  1. 齊藤 隆仁([徳島大学.教養教育院])
    肩書 任意
  2. 伏見 賢一([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.物理科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.物理科学講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) アナログおよびデジタル信号処理の理論を理解し,物質科学の研究例で実際に行う信号処理について学ぶ.

概要 必須

(日) 物質のミクロ構造あるいは電子構造を研究するためには,その計測システムの原理を理解するとともに,測定中あるいは測定後のデータに適切なアナログおよびデジタル信号処理を行うことにより,対象となる物質を評価する必要がある.この講義では,科学計測における信号の情報処理として,周波数解析,雑音の発生メカニズムとフィルタによる雑音除去について概説した後に,電磁波や粒子線の計測,磁気共鳴など具体的な計測システムにおける情報処理の実例についての講義を行う.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意
目標 必須
  1. (日) 雑音の重なった信号から信号をできるだけ歪めずに取り出す信号処理に必要な理論を学ぶ.アナログ信号処理とデジタル信号処理の違いを理解する.物質科学の研究例を通じて,実際に行う信号処理について理解する.

計画 必須
  1. (日) ガイダンス

  2. (日) 科学的な計測とデータ処理の考え方

  3. (日) 信号と雑音の発生メカニズム

  4. (日) 変化する信号の周波数解析1(フーリエ変換の基礎)

  5. (日) 変化する信号の周波数解析2(フーリエ変換の応用)

  6. (日) Excelを用いた信号と雑音の処理の基礎

  7. (日) Excelを用いた信号と雑音の処理の応用

  8. (日) 磁気共鳴における信号と雑音の処理の実例

  9. (日) コンピューターの動作原理

  10. (日) コンピューターで扱うデータ(論理回路と論理演算)

  11. (日) コンピューターで扱うデータ(二進数と16進数,文字コード)

  12. (日) データの形式(ビット・バイト・メモリ領域の確保)

  13. (日) プログラミングの基礎(CPUの命令コード)

  14. (日) プログラミングの基礎(簡単なプログラム・容量の考察)

  15. (日) プログラミング言語について

評価 必須

(日) レポート(50%),質疑応答(30%),プレゼンテーション(20%)

再評価 必須
教科書 必須
  1. (日) 講義中に適宜紹介する.

参考資料 推奨
  1. (日) 講義中に適宜指示する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 齊藤 隆仁([徳島大学.教養教育院])
    オフィスアワー 任意
  2. 伏見 賢一([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.物理科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.物理科学講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意