徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/物質科学特論A演習

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
218191
EOID
559084
Map
0
LastModified
2011年2月15日(火) 16:53:18
Operator
水本 匡昭
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学教育部(授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (日) 物質科学特論A演習 / (読) ぶっしつかがくとくろん えんしゅう
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/基盤科学分野(理系)/[博士前期課程]
担当教員 必須
  1. 山本 孝([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.化学講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 近年,様々な有用かつ複雑な化合物が合成されている.そのため,数多くの精密有機合成手法が開発された.一方,現在では環境に配慮しない化学は社会に受け入れられない.そのため環境にやさしい(=環境調和適応型)化学,すなわちグリーン化学の概念が提唱され,環境に配慮することが望まれている.さらに,合成のみならず,近年では合成された化学物質を元の原料にもどす有機リサイクル反応の開発も重要である.そこで,これから進むべき有機合成化学の針路を考えられるようになることを目標とする.

概要 必須

(日) 本講義ではグリーン化学とは何かを学び,その重要性を認識するとともに,グリーン化学を目指すために,20世紀に進歩した精密有機合成手法と問題点を学ぶ.そして,触媒の無毒化・リサイクル,無溶媒反応,原子効率等々のグリーン化学への試みを学ぶと共に,クリックケミストリーのような有機化学に導入されつつある新概念について学ぶと共に,ミニ問題を解答し,理解を深める.その上で,有機化学分野において,環境調和適応型化学の視点を交え,最近の学術研究論文を中心に論文講読を行い,今後の課題について考える.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意
目標 必須
  1. (日) これから進むべき有機合成化学の針路を考えられるようになることを目標とする.

計画 必須
  1. (日) 第1回:グリーン化学とはなにか

  2. (日) 第2回:20世紀の化学と21世紀型グリーン化学について

  3. (日) 第3回:演習・グリーン有機合成化学の開発に向けて・触媒のグリーン化

  4. (日) 第4回:演習・グリーン有機合成化学の開発に向けて・無溶媒化

  5. (日) 第5回:演習・グリーン有機合成化学の開発に向けて・原子効率化

  6. (日) 第6回:21世紀型有機合成反応・新たな概念の導入

  7. (日) 第7回:論文検索

  8. (日) 第8回:論文購読・紹介-その1-

  9. (日) 第9回:論文購読・紹介-その2-

  10. (日) 第10回:論文購読・紹介-その3-

  11. (日) 第11回:論文購読・紹介-その4-

  12. (日) 第12回:論文購読・紹介-その5-

  13. (日) 第13回:21世紀型有機合成反応につての討論

  14. (日) 第14回:有機合成化学-過去·現在·未来(まとめ)

  15. (日) 第15回:総括授業

評価 必須

(日) 毎回の出席状況と論文購読におけるレポートと参加状況により

再評価 必須

(日) なし

教科書 必須
  1. (日) 野依良治ほか編 大学院有機化学I·II(東京化学同人)

参考資料 推奨
  1. (日) 御園生 誠·村橋俊一 編「グリーンケミストリー」講談社サイエンティフィック発行

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 山本 孝([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.化学講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意