徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/比較文化特論演習

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
218183
EOID
553445
Map
0
LastModified
2011年1月18日(火) 23:02:53
Operator
依岡 隆児
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学教育部(授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (日) 比較文化特論演習 / (読) ひかくぶんかとくろんえんしゅう
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/基盤科学分野(文系)/[博士前期課程]
担当教員 必須
  1. 依岡 隆児([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.ヨーロッパ分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 比較文化的方法の理解と,グローカルな文化事象にアプローチすること.

概要 必須

(日) 「比較文化特論」の内容を受けて,ドイツ文学ならびに比較文学をベースに,比較文化的方法で現代文化について学際的考察を試みる.文化研究のあり方自体を反省的に問いかけつつ,個別文化・個別ディシプリンを,その関係性において捉え,異なる視点から相対化しつつ,比較考察し,普遍的文化現象にアプローチしていく. 具体的には,日欧関係のなかでも,近代以降,特に日本と関係の深かったドイツ語圏と日本との関係を中心に,外からみた日本を概観してから,地域性における文化の影響関係と交流の在り方を,「地域性」と「国際性」をテーマとして考察する. 地元徳島における文化交流についても考えてみる.

キーワード 推奨
  1. (日) 比較文化
  2. (日) 文化交流
  3. (日) 異文化理解
  4. (日) 近代化
  5. (日) グローカル
先行科目 推奨
  1. 比較文化特論([2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/基盤科学分野(文系)/[博士前期課程]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
注意 任意
目標 必須
  1. (日) 比較文化的方法を理解し,個別文化・個別ディシプリンを,その関係性において捉え,異なる視点から相対化できるようになること.

計画 必須
  1. (日) ガイダンス

  2. (日) 序論「地域性と世界性」

  3. (日) 同上

  4. (日) 地域からつながる世界∼四国を例に(板東俘虜収容所跡の見学を含む)

  5. (日) 同上

  6. (日) 同上

  7. (日) 同上

  8. (日) 同上

  9. (日) 「地域性」をめぐる対話∼ギュンター・グラスと大江健三郎

  10. (日) 同上

  11. (日) 同上

  12. (日) 戦争をめぐる対話∼日本とドイツとの比較を中心に

  13. (日) 同上

  14. (日) まとめ,ディスカッション

  15. (日) 総括

評価 必須

(日) 出席状況と授業への積極的な参加を前提として,レポートの提出による.

再評価 必須

(日) 有り

教科書 必須
  1. (日) 教科書は使わない.教材は適宜,授業中にプリントなどを配布する.

参考資料 推奨
  1. (日) 依岡隆児『読書のススメ∼四国から,グローカルに∼』(徳島新聞社)

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 依岡 隆児([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.ヨーロッパ分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    オフィスアワー 任意

    (日) 火曜日12時から12時50分まで

科目コード 推奨
備考 任意