徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/地域科学特別演習Ⅰ

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
218128
EOID
539901
Map
0
LastModified
2010年11月24日(水) 21:40:58
Operator
水本 匡昭
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学教育部(授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (日) 地域科学特別演習Ⅰ / (読) ちいきかがくとくべつえんしゅう
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/地域創生分野/[博士前期課程]
  2. 2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/環境共生分野/[博士前期課程]
  3. 2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/基盤科学分野(文系)/[博士前期課程]
  4. 2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/基盤科学分野(理系)/[博士前期課程]
担当教員 必須
  1. 矢部 拓也([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
    肩書 任意
単位 必須 8
目的 必須

(日) 修士論文の指導にあたっては,受講者が,実際の地域社会の現場から構想する力をつけてもらいたいと考えている.現在の地域社会研究で求められているのは,現在起きている地域社会の問題に敏感であり,その問題を明確化し,地域社会の分析を行うことで,地域課題解決の方法を明らかにすることである.そのため,受講者が自ら研究課題と調査対象地を選定し,実際の地域社会の調査研究を実施できるようになることを目指す.

概要 必須

(日) 受講者が調査研究を遂行できるように調査対象地や課題の選定,調査方法,分析方法など具体的な方法を示しながら指導を行ってゆく

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意
目標 必須
計画 必須
  1. (日) まずは,学生の問題関心にそった文献検索から始める.必要な文献リストの作成を行い,読書計画を立てる.平行して,研究テーマに沿った調査対象地の探索を行う.テーマに沿った対象地域を複数選定し,基礎的な文献調査を行い,調査候補地を2カ所に絞る.2カ所に現地調査を行い,最終的な調査対象地を1カ所に絞る.

評価 必須

(日) 社会調査方法論の理解,実査内容,調査報告などをふまえて総合的に評価する

再評価 必須
教科書 必須
  1. (日) エマーソン『方法としてのフィールドノート』新曜社,1998

  2. (日) 佐藤郁哉『フィールドワークの技法』新曜社,2002

  3. (日) 関満博『現場主義の知的生産法』筑摩書房,2002

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 矢部 拓也([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意