徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/地域科学特別演習Ⅰ

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
218086
EOID
547176
Map
0
LastModified
2010年12月28日(火) 10:59:31
Operator
髙橋 晋一
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学教育部(授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (日) 地域科学特別演習Ⅰ / (読) ちいきかがくとくべつえんしゅう
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/地域創生分野/[博士前期課程]
  2. 2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/環境共生分野/[博士前期課程]
  3. 2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/基盤科学分野(文系)/[博士前期課程]
  4. 2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/基盤科学分野(理系)/[博士前期課程]
担当教員 必須
  1. 髙橋 晋一([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
単位 必須 8
目的 必須

(日) 文化人類学・民俗学的視点に基づく修士論文の作成のための指導を行う.先行研究の批判的検討の上に適切な研究テーマを設定,文献研究を進めるとともにフィールドワークを行い,そこで得た資料を核に分析を進める.研究の主眼は国内外の特定地域の地域文化の構造や意味を客観的に解明することにあるが,研究成果が地域づくりや地域環境整備など,より実際的な社会・地域貢献にもつながるよう,可能な範囲で指導を進めていきたい.

概要 必須

(日) 文化人類学・民俗学的視点に基づく修士論文作成指導.

キーワード 推奨
  1. 地域文化(regional culture)
  2. 文化人類学(cultural anthropology)
  3. 民俗学(folklore)
  4. フィールドワーク(fieldwork)
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 地域文化特論([2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/地域創生分野/[博士前期課程]])
    関連度 任意
  2. 地域文化特論演習([2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/地域創生分野/[博士前期課程]])
    関連度 任意
注意 任意
目標 必須
  1. (日) 先行研究をふまえた上で適切な研究テーマを設定,文化人類学(民俗学)の分析手法を用い,形式・内容ともに整った研究論文(修士論文)を完成させることを到達目標とする.

計画 必須
  1. (日) 修士1年次においては,まず各自の関心領域に基づき研究テーマを設定,関連する国内外の先行研究を収集,精読していく.先行研究を整理する作業を進める中で,問題意識を明確化し,研究目的を絞っていくよう指導する.同時に,論文執筆に必要となる調査(フィールドワーク)の計画を立てる.調査地,調査対象,調査期間を検討し,調査要項を作成,現地機関や協力者への連絡などの予備作業をふまえ,現地調査を実施する.調査によって収集した資料・データはすみやかに整理し,分析を行う.データの整理・分析の過程においては,適宜丁寧な助言・指導を行う.調査データや資料をまとめつつ,月1回程度のペースで中間報告(発表)を行い,討議を重ね,修士論文の骨格を構築していく.なお,1年次終了時に修士論文の中間レポートの提出を求める.

  2. (日) 2年次では引き続き文献研究と現地調査を進め,中間報告を重ねながら,論文の構成や分析概念,データの使い方などに関する詳細な指導を行っていく.2年次前期までにほぼデータの収集を完了,以後は発表,討議を積み重ね,論文としての体裁を整える作業を進めていく.

  3. (日) 最終的には,適切かつ十分な資料・データを援用した,論理的,実証的で説得力ある研究論文(修士論文)を書き上げることを目標とする.

評価 必須

(日) 授業への取り組み状況,授業中の発表,提出レポートの内容によって評価する.

再評価 必須

(日) 行わない.

教科書 必須
  1. (日) テキストは使用しない.随時,関連資料を配付する.

参考資料 推奨
  1. (日) 授業中に適宜指示する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 髙橋 晋一([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
    オフィスアワー 任意

    (日) 月曜 12:00-13:00

科目コード 推奨
備考 任意