徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/空間情報特論B

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
218034
EOID
541874
Map
0
LastModified
2010年11月29日(月) 20:02:22
Operator
水本 匡昭
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学教育部(授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (日) 空間情報特論B / (読) くうかんじょうほうとくろん
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/地域創生分野/[博士前期課程]
担当教員 必須
  1. 豊田 哲也([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース]/[徳島大学.大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部])
    肩書 任意 准教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
単位 必須 2
目的 必須

(日) 地域に展開する社会経済現象を経済地理学的視点から考察する.グローバリゼーション下における地方分権化や地域活性化のあり方を考えるためには,地域の構造とそれを形成するメカニズムの理解が欠かせない.授業では,地域の概念,都市のシステム,人口の動態,産業の立地,土地・住宅問題,地域間の経済格差,国土計画や地域政策などを取り上げ,理論と実証の両面から地域分析の方法論を講義する.また,地域統計やGIS(地理情報システム)を用いた実践的アプローチについても解説をおこなう.

概要 必須

(日) 空間情報を用いた経済地理学研究の理論と分析

キーワード 推奨
  1. 地域科学(regional science)
  2. 地理学(geography)
  3. 都市経済学(urban economics)
  4. 地理情報システム(geographic information system)
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 空間情報特論A([2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/地域創生分野/[博士前期課程]])
    関連度 任意
  2. 空間情報特論C([2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/地域創生分野/[博士前期課程]])
    関連度 任意
  3. 地域科学Ⅰ([2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/地域創生分野/[博士前期課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/環境共生分野/[博士前期課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/基盤科学分野(文系)/[博士前期課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/基盤科学分野(理系)/[博士前期課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学教育部.臨床心理学専攻]/[博士前期課程]])
    関連度 任意
  4. 地域経済特論([2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/地域創生分野/[博士前期課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/環境共生分野/[博士前期課程]]/[2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/基盤科学分野(文系)/[博士前期課程]])
    関連度 任意
  5. 地域政策特論([2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/地域創生分野/[博士前期課程]])
    関連度 任意
  6. 都市・地域計画論([2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/地域創生分野/[博士前期課程]])
    関連度 任意
注意 任意

(日) 都市地理学,ミクロ経済学,都市計画学のいずれかについて基本的な知識があることが望ましい.受講の前提として実践的な英文読解力と基礎的な数学力が必要である.

目標 必須
  1. (日) 理論と実証の両面から地域分析の方法を修得すること

計画 必須
  1. (日) 地域の概念と空間スケール

  2. (日) 都市の歴史的発展

  3. (日) 都市システムの理論

  4. (日) 都市の土地利用と内部構造

  5. (日) 地代モデルと住宅立地

  6. (日) 地価問題と土地政策

  7. (日) 地域人口分析の手法

  8. (日) 人口移動のモデル

  9. (日) 産業立地分析の手法

  10. (日) 産業集積のメカニズム

  11. (日) 地域間の所得格差

  12. (日) 地域政策と都市再生

  13. (日) 都市の成長管理とコンパクトシティ

  14. (日) 中山間地域の過疎問題

  15. (日) 国土計画と地域システム

  16. (日) 授業の総括

評価 必須

(日) 本授業はおもに講義形式で行うが,受講学生には発表を課す.授業への取組姿勢や質疑内容,発表内容,レポートにより評価をおこなう.

再評価 必須
教科書 必須
  1. (日) 黒田達郎・田渕隆俊・中村良平著 『都市と地域の経済学(新版)』 有斐閣ブックス

参考資料 推奨
  1. (日) 関連する参考資料は授業中に紹介する

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 豊田 哲也([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース]/[徳島大学.大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部])
    オフィスアワー 任意

    (日) 随時相談に応じる.Emailで問い合わせれば相談時間を連絡する.

科目コード 推奨
備考 任意