徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/環境適応学特論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
218025
EOID
552588
Map
0
LastModified
2011年1月14日(金) 14:53:12
Operator
松尾 義則
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学教育部(授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (日) 環境適応学特論 / (読) かんきょうていきおうがくとくろん
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/環境共生分野/[博士前期課程]
担当教員 必須
  1. 松尾 義則([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.生物科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.生物科学講座])
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
  2. 山城 考([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.生物生産系.生物資源生産科学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.生物生産システム講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 地球上の生物の多様性は人間活動の直接または間接的な活動により急速に減少している.動物や植物の集団サイズが縮小すると,遺伝的多様性の減少につながり,結果として環境へ幅広く適応する能力が減少する.本講義では,生物の進化や環境適応について進化学および集団遺伝学の側面から解説を行い,生物の保全について理解を深めることを目標とする.

概要 必須

(日) オムニバス方式/全15回 (松尾義則/8回)生物の集団において,集団のサイズ変化が集団の遺伝的構成にどのような影響を及ぼすかをわかりやすく解説する.また,集団のサイズが減少して起こる近親交配の影響についても解説する.(山城考/7回)野生生物集団について,集団サイズの縮小化が遺伝的多様性に与える影響,生物間の相互作用による集団の遺伝的組成の変化,絶滅危惧生物の管理の実践などの保全遺伝学的な内容について講義を行う.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意
目標 必須
計画 必須
  1. (日) 第1回:集団構造(松尾)

  2. (日) 第2回:遺伝子流動(松尾)

  3. (日) 第3回:進化的要因と相互作用(松尾)

  4. (日) 第4回:集団における遺伝子系図(松尾)

  5. (日) 第5回:自然選択と遺伝的浮動(松尾)

  6. (日) 第6回:自然選択と遺伝子流動(松尾)

  7. (日) 第7回:平衡選択(松尾)

  8. (日) 第8回:突然変異と自然選択(松尾)

  9. (日) 第9回:野生生物の絶滅と保全の必要性(山城)

  10. (日) 第10回:野生生物の遺伝的多様性(山城)

  11. (日) 第11回:集団の進化遺伝学(山城)

  12. (日) 第12回:野生生物の遺伝と絶滅(山城)

  13. (日) 第13回:野生生物の保全(対象の設定)(山城)

  14. (日) 第14回:野生生物の保全(遺伝的管理)(山城)

  15. (日) 第15回:野生生物の保全(系統保存と復元)(山城)

評価 必須

(日) 授業に対する積極性(50%)とレポート(50%)

再評価 必須
教科書 必須
  1. (日) 松尾担当分については「進化」(メディカルサイエンスインターナショナル)

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 松尾 義則([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.生物科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.生物科学講座])
    オフィスアワー 任意
  2. 山城 考([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.生物生産系.生物資源生産科学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.生物生産システム講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意