徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/環境共生生物学特論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
218019
EOID
539792
Map
0
LastModified
2010年11月24日(水) 21:40:18
Operator
水本 匡昭
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学教育部(授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Advanced Lecture of Environmental Symbiotic Biology / (日) 環境共生生物学特論 / (読) かんきょうきょうせいせいぶつがくとくろん
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/環境共生分野/[博士前期課程]
担当教員 必須
  1. 大橋 眞
    肩書 任意
  2. 山城 考([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.生物生産系.生物資源生産科学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.生物生産システム講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 動物と植物の環境適応や,人間相互の共生の仕組みなどをテーマにして,幅広い視野から地球環境についての見識を深め,地球環境や地域環境の諸課題について積極的に何らかのアイデアを提言できるような能力の育成を目指す.

概要 必須

(日) (概論)動物と植物はそれぞれ様々な環境の変化に適応する形で進化してきた.この授業では,人間と他の生物との関係や,人間同士の共生の仕組みについて,様々な環境要因と生物の相互作用の解析を行いながら,幅広い知見を総合的に論じる. (オムニバス方式/全15回) (大橋眞/8回)特に人間の環境に及ぼす影響と環境が人間に及ぼす影響を相互に考えてゆく.人間とは,自らの環境を作り上げることを通じて他の動物とは異なった世界を作り上げてきた.この様な人間を取り巻く文化という環境と自然環境との関係を論ずる. (山城考/7回)生態系で物質の一次生産者である植物はその消費者や共生者との多様な関係を結んでいる.本講義では食植生動物と植物の相互作用について様々な分類群について解説を行い,自然環境の保全について理解を深める

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意
目標 必須
計画 必須
  1. (日) はじめに(大橋)

  2. (日) 人間にとって環境とは何か(大橋)

  3. (日) 多様な環境問題を考える(大橋)

  4. (日) 文化から見る環境1(大橋)

  5. (日) 文化から見る環境2(大橋)

  6. (日) 文化から見る環境3(大橋)

  7. (日) 自然からみる環境1(大橋)

  8. (日) 自然からみる環境2(大橋)

  9. (日) 植物の進化と動物の役割(山城)

  10. (日) 送粉生態(山城)

  11. (日) 種子散布(山城)

  12. (日) 防衛共生(山城)

  13. (日) 植食者に対する防衛戦略(山城)

  14. (日) 植物と植食者との相互関係(山城)

  15. (日) 様々な共生関係間の比較(山城)

評価 必須

(日) 授業に対する積極性(50%)とレポート(50%)

再評価 必須
教科書 必須
参考資料 推奨
  1. (日) 適宜資料を配付する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 大橋 眞
    オフィスアワー 任意
  2. 山城 考([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.生物生産系.生物資源生産科学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.生物生産システム講座])
    オフィスアワー 任意

    (日) 講義時間以外の平日15:00-1730

科目コード 推奨
備考 任意