徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/環境影響評価特論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
218013
EOID
551025
Map
0
LastModified
2011年1月7日(金) 13:58:25
Operator
小山 保夫
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
小山 保夫
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学教育部(授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (日) 環境影響評価特論 / (読) かんきょうえいきょうひょうかとくろん
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/環境共生分野/[博士前期課程]
担当教員 必須
  1. 小山 保夫
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 化学物質によるヒトおよび環境・生態系への環境影響評価について,環境毒性学観点から理解を深める.

概要 必須

(日) 環境毒性学は,農薬など目的を持って使用された化学物質,あるいは産業プロセスで創り出された化学物質などがヒトや生態系(環境)に与える有害作用(影響)を調べる学問で,それをベースに環境影響評価の基礎を身に付ける.

キーワード 推奨
  1. (日) 化学物質影響評価
  2. (日) 環境アセスメント
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) なし.

目標 必須
  1. (日) 環境毒性学をベースに環境影響評価を理解する.

計画 必須
  1. (日) 環境毒性学を構成する学問領域について

  2. (日) 化学と法律学:化学物質の種類(識別)について

  3. (日) 薬学(衛生化学・薬剤学):化学物質の生体内への侵入経路と体内分布・排泄

  4. (日) 生化学(薬剤学):化学物質の生体内変化と生体成分との相互作用

  5. (日) 生理学と薬理学:化学物質の影響(臓器レベル)

  6. (日) 生理学と薬理学:化学物質の影響(細胞レベル)

  7. (日) 生理学と薬理学:化学物質の影響(分子レベル)

  8. (日) 疫学:化学物質のヒトに対する影響(過去の事例)

  9. (日) 疫学:化学物質のヒトに対する影響(現在の問題・低濃度慢性曝露)

  10. (日) 疫学:化学物質のヒトに対する影響(将来,起こり得る問題)

  11. (日) 疫学:化学物質と生態系(野生生物)/蓄積

  12. (日) 疫学:化学物質と生態系(野生生物)/生殖・繁殖

  13. (日) 法律学:法律の限界

  14. (日) 経済学:コスト・ベネフィット(妥協点の模索)

  15. (日) 環境毒性学の限界について

  16. (日) 総括

評価 必須

(日) レポート・試験等を総合的に判断する.

再評価 必須

(日) なし.

教科書 必須
  1. (日) テーマ毎に資料は配布する.

参考資料 推奨
  1. (日) 必要資料は適宜配布する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 小山 保夫
    オフィスアワー 任意

    (日) まず,メールで用件を送ってください.内容により,いろいろな対応をします.

科目コード 推奨
備考 任意