徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/精神看護学概論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
217959
EOID
582631
Map
0
LastModified
2011年4月12日(火) 22:13:37
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部.保健学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 医学部保健学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Introduction to Psychiatric-Mental Health Nursing / (日) 精神看護学概論 / (読) せいしんかんごがくがいろん
題目 任意
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 片岡 三佳
    肩書 任意 准教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
  2. 千葉 進一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.看護学系.メンタルヘルス支援学])
    肩書 任意 助教([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
  3. 非常勤講師([教職員.教員]/[非常勤])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 精神の発達と健康を支える看護活動の特徴を理解する.

概要 必須

(日) 教科書を中心とした講義とVTR,再構成の検討などを組み入れ,人々の精神の健康を支える看護に必要な基礎的な知識,モデル,法律と制度,用語などを学習する.

キーワード 推奨
  1. 精神保健(mental health/->キーワード[メンタルヘルス])
  2. 看護(nursing)
先行科目 推奨
  1. 疾病論I([2011/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]])
    必要度 任意
  2. 看護学概論([2011/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]])
    必要度 任意
  3. 看護理論([2011/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 教員は,この教科を学習するための方法と枠組みを提供するが,学生は自らの学習に対して責任を取る必要がある.ただ単に,講義内容を暗記するだけではなく,疑問や問題に対して批判的によく考えてください.

目標 必須
  1. (日) 精神の発達と健康を支える看護活動に必要な基礎知識を理解する.

  2. (日) 精神の発達と健康を支えるために必要な看護活動を理解する.

  3. (日) 精神の健康問題をもつ対象の看護活動の歴史的経緯と法制度を理解する.

  4. (日) 精神看護学における倫理的課題と看護職の役割を考えることができる.

計画 必須
  1. (日) 精神看護学の考え方

  2. (日) 心の構造と機能

  3. (日) 心身の成長・発達と健康

  4. (日) 精神科で出あう人々

  5. (日) 精神看護における主な看護モデル(ペプロウ,トラベルビー,オレム=アンダーウッド )

  6. (日) 精神の健康を支援する看護活動Ⅰ(精神の健康状態のアセスメント)

  7. (日) 精神の健康を支援する看護活動Ⅱ(対人関係の展開)

  8. (日) 精神の健康を支援する看護活動Ⅲ(コミュニケーション )

  9. (日) 精神の健康を支援する看護活動Ⅳ(リエゾン精神看護)

  10. (日) 精神の健康課題をもつ対象の支援活動の歴史的経緯と看護職の役割

  11. (日) 精神看護学における倫理的課題

  12. (日) 精神看護学における課題と看護職の役割

  13. (日) 病院見学

  14. (日) 病院見学のまとめ

  15. (日) 試験

評価 必須

(日) 定期試験(70%),レポート(30%),授業の参加度・出席状況(参考)

再評価 任意
対象学生 不用 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 瀧川薫編:看護系標準教科書 精神看護学,オーム社,2007.

  2. (日) 瀧川薫ほか編:精神保健看護辞典,オーム社,2010.

参考資料 推奨
  1. (日) 講義中に紹介する

  2. (日) 谷岡哲也,瀧川薫ほか編:精神障害をやさしく理解するQ&A253,日総研,2003.

  3. (日) 真野元四郎,谷岡哲也ほか編:続・精神障害者のヘルスケアシステム,西日本法規出版,2003.

  4. (日) 上野修一,大蔵雅夫,谷岡哲也編:コメディカルのための専門基礎分野テキスト 精神医学,中外医学社,2007.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 片岡 三佳
    オフィスアワー 任意

    (日) 火曜日16:00∼18:00

科目コード 推奨
  1. 23125801
備考 任意