徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/精神保健

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
217957
EOID
582635
Map
0
LastModified
2011年4月12日(火) 22:13:42
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部.保健学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 医学部保健学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Mental Health / (日) 精神保健 / (読) せいしんほけん
題目 任意
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]
  2. 2011/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻]/保健学科.放射線技術科学専攻/[学士課程]
  3. 2011/[徳島大学.医学部.保健学科.検査技術科学専攻]/保健学科.検査技術科学専攻/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 片岡 三佳
    肩書 任意 准教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
  2. 千葉 進一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.看護学系.メンタルヘルス支援学])
    肩書 任意 助教([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
単位 必須 1
目的 必須

(日) 人間の心の健康を成長発達,社会的適応の面からとらえ,健全な心の働きと不健全な心の働きについて理解し,現代社会における精神保健活動の課題を考える.

概要 必須

(日) 精神看護学概論で学んだ基礎知識を活用しながら,教科書を中心とした講義とグループワークを組み入れ,現代社会における生活場面とのかかわり中での精神保健について,ともに検討する

キーワード 推奨
  1. (英) Mental Health / (日) 精神保健
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] こころの問題 (mental health problem)
    [キーワード] 精神保健 (mental health/->キーワード[メンタルヘルス])
    [キーワード] 精神保健福祉法 (Mental Health and Welfare Law)
    [キーワード] メンタルヘルス (mental health)
  2. (英) Psychiatric Nursing / (日) 精神科看護
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 精神科看護 (psychiatric nursing)
  3. (英) Mental Health and Welfare Law / (日) 精神保健福祉法
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 精神保健福祉法 (Mental Health and Welfare Law)
先行科目 推奨
  1. 疾病論I([2011/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]])
    必要度 任意
  2. 精神看護学概論([2011/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 新聞・テレビ・雑誌などメンタルヘルスに関するものが結構見受けられる.普段から,それらに興味を持つと同時に,すべてを間に受けず批判的に見たり読んだりする習慣を身につけること.

目標 必須
  1. (日) 人間の成長・発達にともなう精神機能を知る.

  2. (日) 生活の場における適応と,それが精神の健康に与える影響を知る.

  3. (日) 人間の精神発達や精神の健康に影響する要因を理解する.

  4. (日) 現代社会における精神保健活動の課題を考えることができる.

計画 必須
  1. (日) 精神の健康のとらえ方

  2. (日) 心身の発達と精神保健

  3. (日) 危機的状況と適応

  4. (日) 環境と精神保健

  5. (日) 性と精神保健

  6. (日) 医療現場における精神保健

  7. (日) 生活の場における精神保健

  8. (日) 精神保健活動の実際と今後の課題Ⅰ

  9. (日) 精神保健活動の実際と今後の課題Ⅱ

  10. (日) 精神保健活動の実際と今後の課題Ⅲ

  11. (日) 精神保健活動の実際と今後の課題Ⅳ

  12. (日) 精神保健活動の実際と今後の課題Ⅴ

  13. (日) 精神保健活動の実際と今後の課題Ⅵ

  14. (日) 精神保健医療の歴史と制度からみた今後の課題

  15. (日) 試験

評価 必須

(日) 定期試験(70%),レポート(30%),授業の参加度・出席状況(参考)

再評価 任意
対象学生 不用 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 神郡博編:精神保健-現代の視点と展開,看護の科学社,2009.

参考資料 推奨
  1. (日) 講義中に紹介する.

  2. (日) 谷岡哲也ほか編著:精神障害をやさしく理解するQ&A253 聞きたくても聞けなかったこころの問題,日総研出版,2003.

  3. (日) 武井麻子:精神看護学ノート 第2版,医学書院,2005.

  4. (日) 坂田三允編:シリーズ生活をささえる看護 日本人の生活と看護,中央法規出版,1998.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 片岡 三佳
    オフィスアワー 任意

    (日) 火曜日16:00∼18:00

科目コード 推奨
  1. 23121701
  2. 23211701
  3. 23311701
備考 任意