徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/栄養と薬

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
217903
EOID
570554
Map
0
LastModified
2011年4月6日(水) 17:07:08
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 医学部栄養学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Pharmacology and Nutrition / (日) 栄養と薬 / (読) えいようとくすり
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.医学部.医科栄養学科]/栄養学科/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 中屋 豊
    肩書 任意
  2. 阪上 浩([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.栄養科学部門.医科栄養学系.代謝栄養学]/[徳島大学.糖尿病臨床・研究開発センター])
    肩書 任意
  3. 原田 永勝
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 医療現場における栄養管理には薬物治療に関する知識が不可欠となってきている.栄養の専門家として,薬物治療に対応した栄養指導,栄養管理を行うための幅広い知識・技能が期待されている.そのため薬物治療の基本的な考え方を習得する目的で講義を進める.

概要 必須

(日) Ⅰ.総論 1.薬理作用と作用機序(薬力学) 2.受容体と細胞内情報伝達系 3.薬物動態(薬動態学) 4.薬理作用を規定する要因,薬物の副作用と有害作用 Ⅱ.各論 1.末梢神経作用薬 2.中枢神経系に作用する薬物 3.循環系作用薬(1) 4.循環系作用薬(2) 5.体液平衡に影響する薬物 6.血液・造血臓器作用薬 7.呼吸器系作用薬 8.消化器系作用薬 9.ホルモンおよびホルモン拮抗薬 10.鎮痛薬・抗炎症薬

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 推奨

(日) 教科書に記載のない部分は適時プリントで補充します.単位試験の成績評価は,原則試験によりますが,場合により出席状況なども評価の参考とします.

目標 必須
  1. (日) 薬物治療の基本的知識や栄養管理に必要となる薬の薬理作用を習得する.

計画 必須
  1. (日) 総論

    内容 任意
    授業回数 任意
  2. (日) 各論:末梢神経作用薬

    内容 任意
    授業回数 任意
  3. (日) 各論:中枢神経系に作用する薬物

    内容 任意
    授業回数 任意
  4. (日) 各論:循環系作用薬(1)

    内容 任意
    授業回数 任意
  5. (日) 各論:循環系作用薬(2)

    内容 任意
    授業回数 任意
  6. (日) 各論:体液平衡に影響する薬物

    内容 任意
    授業回数 任意
  7. (日) 各論:血液・造血臓器作用薬

    内容 任意
    授業回数 任意
  8. (日) 各論:呼吸器系作用薬

    内容 任意
    授業回数 任意
  9. (日) 各論:消化器系作用薬

    内容 任意
    授業回数 任意
  10. (日) 各論:ホルモンおよびホルモン拮抗薬

    内容 任意
    授業回数 任意
  11. (日) 各論:鎮痛薬・抗炎症薬

    内容 任意
    授業回数 任意
教科書 推奨
  1. (日) 「生活習慣病治療薬・基礎と活用」城西大学薬学部医療栄養学科・編著,フットワーク出版社

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 中屋 豊
    オフィスアワー 推奨
  2. 阪上 浩([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.栄養科学部門.医科栄養学系.代謝栄養学]/[徳島大学.糖尿病臨床・研究開発センター])
    オフィスアワー 推奨

    (日) 303号室(オフィスアワー:授業日の16時から17時)

  3. 原田 永勝
    オフィスアワー 推奨
科目コード 推奨
備考 任意