徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/プロテオミクス病態学演習

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
217568
EOID
568453
Map
0
LastModified
2011年3月30日(水) 14:06:11
Operator
水本 匡昭
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 医科学教育部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Disease Proteomics Seminar / (日) プロテオミクス病態学演習 / (読) ぷろておみくすびょうたいがくえんしゅう
形態 必須
  1. 演習
コース 必須
  1. 2011/[プロテオミクス医科学専攻]/[博士課程]
担当教員 必須
  1. 佐々木 卓也([徳島大学])
    肩書 任意
    役割 任意 授業責任者
  2. 坂根 亜由子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.生化学])
    肩書 任意
    役割 任意
単位 必須 4
目的 必須

(日) 細胞機能の制御機構の研究に必要な基礎知識と基本技術を習得させることを目的とする.

概要 必須

(日) プロテオミクス研究を基盤とした,細胞機能の制御に関わる機能蛋白分子群の同定とそれらの作用機構および相互作用の解析について演習を行う.さらに,研究成果を疾患の病態解明や診断,治療法の開発につなげる方法論についても指導する.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
授業方法 推奨
注意 推奨

(日) 遅刻しないこと.

計画 必須
  1. (日) 授業ガイダンス

    内容 任意
    担当者 推奨
    授業回数 任意
  2. (日) プロテオミクス病態学演習の基礎

    内容 任意
    担当者 推奨
    授業回数 任意
  3. (日) プロテオミクス病態学演習の基礎

    内容 任意
    担当者 推奨
    授業回数 任意
  4. (日) プロテオミクス病態学演習の基礎

    内容 任意
    担当者 推奨
    授業回数 任意
  5. (日) プロテオミクス病態学演習の基礎

    内容 任意
    担当者 推奨
    授業回数 任意
  6. (日) プロテオミクス病態学演習の基礎

    内容 任意
    担当者 推奨
    授業回数 任意
  7. (日) プロテオミクス病態学演習の方法論(細胞内シグナル伝達機構)

    内容 任意
    担当者 推奨
    授業回数 任意
  8. (日) プロテオミクス病態学演習の方法論(細胞内シグナル伝達機構)

    内容 任意
    担当者 推奨
    授業回数 任意
  9. (日) プロテオミクス病態学演習の方法論(細胞間シグナル伝達機構)

    内容 任意
    担当者 推奨
    授業回数 任意
  10. (日) プロテオミクス病態学演習の方法論(細胞間シグナル伝達機構)

    内容 任意
    担当者 推奨
    授業回数 任意
  11. (日) プロテオミクス病態学演習の方法論(細胞骨格)

    内容 任意
    担当者 推奨
    授業回数 任意
  12. (日) プロテオミクス病態学演習の方法論(細胞骨格)

    内容 任意
    担当者 推奨
    授業回数 任意
  13. (日) プロテオミクス病態学演習の方法論(細胞内小胞輸送)

    内容 任意
    担当者 推奨
    授業回数 任意
  14. (日) プロテオミクス病態学演習の方法論(細胞内小胞輸送)

    内容 任意
    担当者 推奨
    授業回数 任意
  15. (日) 授業総括

    内容 任意
    担当者 推奨
    授業回数 任意
評価 必須

(日) 出席のみ(講義の出席を原則としているので,出席が満たない場合は再履修).

再評価 任意
URL 任意
連絡先 推奨
  1. (日) いつでも.ただしあらかじめメールに用件を書くとともに,時間のアポイントをとること.
    オフィスアワー 推奨
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 本授業科目を担当する分子病態学分野は,あらゆる細胞機能の制御において基本となるしくみに注目して研究を進めていることから,多くの研究領域との関わりがあり,どの研究領域の受講者であっても,本授業科目で習得した知識を受講者自身の研究テーマにつなげることが可能であるという点が特色である.