徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/薬理学・歯科薬理学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
217368
EOID
578071
Map
0
LastModified
2011年4月10日(日) 18:25:16
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.歯学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 歯学部口腔保健学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Pharmacology·Dental Pharmacology / (日) 薬理学・歯科薬理学 / (読) やくりがく しかやくりがく
形態 必須
  1. 講義
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 伊賀 弘起([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健教育学]/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健基礎学講座])
    肩書 任意
    役割 任意 授業責任者
  2. 吉本 勝彦
    肩書 任意
    役割 任意
  3. 石川 康子
    肩書 任意
    役割 任意
  4. 水澤 典子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔生命科学])
    肩書 任意
    役割 任意
  5. 岩田 武男
    肩書 任意
    役割 任意
  6. 日野出 大輔([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健衛生学]/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健基礎学講座])
    肩書 任意
    役割 任意
  7. 尾崎 和美([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健支援学]/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健支援学講座])
    肩書 任意
    役割 任意
  8. 吉岡 昌美
    肩書 任意
    役割 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 薬物および生理活性物質の作用の基本的メカニズムを理解し,薬物を安全かつ効果的に利用する能力を身につける.

概要 必須

(日) 薬物と生体の相互作用によって起こる現象や作用機序を個体レベルや細胞レベルで学習する.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
授業方法 推奨
  1. (日) 講義形式(パワーポイント,プリントなどを適宜用いる)

授業場所 必須

(日) 火曜2,3時限目 第6講義室

注意 推奨

(日) 薬理学・歯科薬理学の授業では授業計画の「内容」の欄に各講義事項のキーワードを掲載している. ①受講者は各回のキーワードについて事前に予習して理解した内容を簡潔に纏めること. ②受講者は毎回受講後に学習成果を基にキーワードについて再度内容を簡潔に纏めること. また予習時の内容と復習時の内容を比較して学習成果を確認すること. ③試験は全講義数の2/3以上の出席を満たしている者に対して行う. ④予習,復習をすることが出席評価に含まれる.

目標 必須
  1. (日) 薬物作用の基本的形式と分類を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  2. (日) 受容体と情報伝達のメカニズムを説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  3. (日) 薬理作用を規定する要因を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  4. (日) 薬物の連用による影響および併用を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  5. (日) 薬物動態を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  6. (日) 医薬品の定義,剤形,処方箋について説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  7. (日) 毒薬,劇薬および麻薬等の表示と保管を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  8. (日) 薬事法と関連法規を概説できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  9. (日) 中枢神経系作用薬物の種類と作用について概説できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  10. (日) 末梢神経系作用薬物の種類と作用について概説できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  11. (日) 生体活性物質の生理・病理について知り,受容体拮抗薬,合成阻害薬の作用メカニズムを理解する.

    目標のカリキュラム関連 任意
  12. (日) 循環のメカニズムについて知り,心臓,動脈,静脈ごとの特徴を理解し,それぞれの興奮・抑制をきたす薬物を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  13. (日) 呼吸器系,消化器系,平滑筋系作用薬について説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  14. (日) 血液疾患治療について説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  15. (日) 内分泌系作用薬および代謝系作用薬について説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  16. (日) 利尿薬,輸液について説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  17. (日) ビタミンの作用,静脈栄養・経腸栄養について説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  18. (日) 局所麻酔薬の種類と作用メカニズムを説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  19. (日) 鎮痛剤の種類と作用メカニズムを説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  20. (日) 止血のメカニズムおよび止血薬と抗凝固薬の作用機序を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  21. (日) 抗炎症薬について説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  22. (日) 抗感染症薬について説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  23. (日) 消毒薬の種類と作用機序および滅菌と消毒のちがいを説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  24. (日) 抗悪性腫瘍薬について説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  25. (日) 免疫系作用薬について概説できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  26. (日) 歯内療法薬の種類と作用について説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  27. (日) 腐蝕,収斂薬の種類と使用法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  28. (日) 歯周疾患に使用する薬の種類と作用について説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  29. (日) その他の口腔疾患に使用する薬の種類と作用を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  30. (日) う蝕予防に用いる薬の種類と作用を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  31. (日) 服薬指導を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
計画 必須
  1. (日) 薬理学総論:薬理学総論,作用機序

    内容 推奨
    1. (日) 薬理学とは,薬物作用の種類,作用と副作用

    担当者 必須

    (日) 吉本

    計画毎の目標 推奨 1
    授業回数 任意
  2. (日) 薬理学総論:受容体と情報伝達系

    内容 推奨
    1. (日) 受容体の構造と種類,細胞内情報伝達系

    担当者 必須

    (日) 岩田

    計画毎の目標 推奨 2
    授業回数 任意
  3. (日) 薬理学総論:薬理作用を規定する要因

    内容 推奨
    1. (日) 用量と反応,連用に伴う蓄積・耐性・依存,薬物の併用と相互作用,

    担当者 必須

    (日) 石川

    計画毎の目標 推奨 3,4
    授業回数 任意
  4. (日) 薬理学総論:薬物動態

    内容 推奨
    1. (日) 投与経路と血中濃度,吸収,分布,代謝,排泄

    担当者 必須

    (日) 石川

    計画毎の目標 推奨 5
    授業回数 任意 2
  5. (日) 薬理学総論:医薬品,薬事関連法規

    内容 推奨
    1. (日) 医薬品の定義,開発,薬剤の剤形,処方箋,調剤と製剤,保存方法,配合変化,薬事法,日本薬局方,関連法規,覚醒剤取締法

    担当者 必須

    (日) 吉本

    計画毎の目標 推奨 6,7,8
    授業回数 任意
  6. (日) 薬理学各論:中枢神経系作用薬

    内容 推奨
    1. (日) 脳血液関門,全身麻酔薬,催眠薬,鎮静薬,向精神薬,抗痙攣薬,中枢神経興奮薬

    担当者 必須

    (日) 吉本

    計画毎の目標 推奨 9
    授業回数 任意
  7. (日) 薬理学各論:末梢神経系作用薬

    内容 推奨
    1. (日) コリン作動性薬物,コリン作動性効果遮断薬,アドレナリン作動性薬物,アドレナリン作動性効果遮断薬,アドレナリン作動性ニューロン遮断薬,神経筋接合部に作用する薬物

    担当者 必須

    (日) 石川

    計画毎の目標 推奨 10
    授業回数 任意 2
  8. (日) 薬理学各論:生体内活性物質

    内容 推奨
    1. (日) ヒスタミン,セロトニン,アンギオテンシン,キニン,エイコサノイド

    担当者 必須

    (日) 吉本

    計画毎の目標 推奨 11
    授業回数 任意
  9. (日) 薬理学各論:循環器系作用薬

    内容 推奨
    1. (日) 強心薬,抗不整脈薬,抗狭心症薬,抗高血圧薬,末梢血管拡張薬,ショック

    担当者 必須

    (日) 吉本

    計画毎の目標 推奨 12
    授業回数 任意
  10. (日) 薬理学各論:呼吸器系,消化器系,平滑筋系作用薬

    内容 推奨
    1. (日) 鎮咳薬,去痰薬,抗喘息薬,消化作用薬,潰瘍治療薬,平滑筋収縮薬,弛緩薬

    担当者 必須

    (日) 石川

    計画毎の目標 推奨 13
    授業回数 任意
  11. (日) 薬理学各論:血液系作用薬

    内容 推奨
    1. (日) 貧血治療薬,止血薬,抗凝血薬,抗血小板薬,血液製剤

    担当者 必須

    (日) 吉本

    計画毎の目標 推奨 14
    授業回数 任意
  12. (日) 薬理学各論:内分泌系,代謝系作用薬,体液平衡作用薬

    内容 推奨
    1. (日) ホルモンおよび拮抗薬,糖尿病・高脂血症治療薬,腎臓の機能,利尿薬,輸液

    担当者 必須

    (日) 吉本

    計画毎の目標 推奨 15,16
    授業回数 任意
  13. (日) 薬理学各論:ビタミン,栄養

    内容 推奨
    1. (日) ビタミン薬,静脈栄養,経腸栄養

    担当者 必須

    (日) 水澤

    計画毎の目標 推奨 17
    授業回数 任意
  14. (日) 歯科薬理学:局所麻酔薬

    内容 推奨
    1. (日) コカイン,合成局所麻酔薬

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 18
    授業回数 任意
  15. (日) 歯科薬理学:解熱鎮痛薬・麻薬性鎮痛薬

    内容 推奨
    1. (日) 非ピリン系・ピリン系,モルヒネ関連の鎮痛薬,拮抗薬

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 19
    授業回数 任意
  16. (日) 歯科薬理学:血液と薬

    内容 推奨
    1. (日) 血液凝固,止血薬,抗血栓薬,抗貧血薬

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 20
    授業回数 任意
  17. (日) 歯科薬理学:抗炎症薬

    内容 推奨
    1. (日) ステロイド性抗炎症薬,非ステロイド性抗炎症薬,消炎酵素薬

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 21
    授業回数 任意
  18. (日) 歯科薬理学:抗感染症薬

    内容 推奨
    1. (日) 抗生物質,抗ウイルス薬,抗真菌薬,抗結核薬

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 22
    授業回数 任意
  19. (日) 歯科薬理学

    内容 推奨
    1. (日) 消毒薬の種類,作用機序,滅菌と消毒

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 23
    授業回数 任意
  20. (日) 歯科薬理学:抗悪性腫瘍薬

    内容 推奨
    1. (日) 抗腫瘍薬,分子標的治療薬

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 24
    授業回数 任意
  21. (日) 歯科薬理学:免疫系作用薬

    内容 推奨
    1. (日) 免疫抑制薬,抗アレルギー薬,抗ヒスタミン薬,

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 25
    授業回数 任意
  22. (日) 歯科薬理学:顎・口腔粘膜疾患と薬

    内容 推奨
    1. (日) 口腔粘膜疾患治療薬,顎関節症に用いる薬物,神経疾患に用いる薬物

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 25
    授業回数 任意
  23. (日) 歯科薬理学:歯内療法薬,腐蝕,収斂薬

    内容 推奨
    1. (日) 歯髄鎮静剤,覆髄剤,裏層剤,歯髄失活剤

    担当者 必須

    (日) 尾崎

    計画毎の目標 推奨 26
    授業回数 任意
  24. (日) 歯科薬理学:歯内治療薬,腐蝕,収斂薬

    内容 推奨
    1. (日) 根菅拡大補助剤,根管清掃剤,根管充填剤,腐蝕,収斂

    担当者 必須

    (日) 尾崎

    計画毎の目標 推奨 27
    授業回数 任意
  25. (日) 歯科薬理学:歯周疾患治療薬,硬組織に作用する薬物

    内容 推奨
    1. (日) 歯周疾患治療用薬剤,骨代謝調節ホルモン,骨粗鬆症治療薬

    担当者 必須

    (日) 尾崎

    計画毎の目標 推奨 28
    授業回数 任意
  26. (日) 歯科薬理学:唾液腺・味覚に作用する薬物

    内容 推奨
    1. (日) 唾液分泌を促進する薬物, 口腔乾燥症の原因と治療薬

    担当者 必須

    (日) 吉岡

    計画毎の目標 推奨 29
    授業回数 任意
  27. (日) 歯科薬理学:う蝕予防に用いる薬品等

    内容 推奨
    1. (日) フッ化物,歯磨剤,プラーク 染め出し剤,

    担当者 必須

    (日) 日野出

    計画毎の目標 推奨 30
    授業回数 任意
  28. (日) 歯科薬理学:服薬指導

    内容 推奨
    1. (日) 一般的な服薬指導,対象別服薬指導

    担当者 必須

    (日) 日野出

    計画毎の目標 推奨 31
    授業回数 任意
評価 必須

(日) 筆記試験により行う.100点満点で60点以上を合格とする.

再評価 推奨

(日) 必要に応じて行う.

教科書 推奨
  1. (日) 最新歯科衛生士教本「疾患の回復の促進 薬理学」 全国歯科衛生士教育協議会編 医歯薬出版

参考資料 任意
  1. (日) 歯科薬理学 第5版 医歯薬出版

  2. (日) 臨床薬理学 第2版 医学書院

URL 任意
連絡先 推奨
  1. (日) 伊賀 弘起(iga@dent.tokushima-u.ac.jp/5F口腔保健学科・教授室/633-7963)
    オフィスアワー 推奨

    (日) 月∼金17:00∼18:00

  2. (日) 吉本 勝彦 (yoshimoto@dent.tokushima-u.ac.jp/5F 分子薬理学・教授室/633-9123)
    オフィスアワー 推奨

    (日) 月∼金16:00∼18:00

  3. (日) 石川 康子 (isikawa@dent.tokushima-u.ac.jp/5F 分子薬理学・準教授室/633-7332)
    オフィスアワー 推奨

    (日) 月∼金16:00∼18:00

  4. (日) 水澤 典子 (mizusawa@dent.tokushima-u.ac.jp/5F 分子薬理学・第研究室/633-9137)
    オフィスアワー 推奨

    (日) 月∼金16:00∼18:00

  5. (日) 岩田 武男 (iwatakeo@dent.tokushima-u.ac.jp/5F 分子薬理学・第4研究室/633-9137)
    オフィスアワー 推奨

    (日) 月∼金16:00∼18:00

  6. (日) 日野出 大輔 (hinode@dent.tokushima-u.ac.jp/6F口腔保健学科・教授室/633-7543)
    オフィスアワー 推奨

    (日) 月∼金17:00∼18:00

  7. (日) 尾崎 和美 (ozaki@dent.tokushima-u.ac.jp/6F口腔保健学科・第2研究室/633-9309)
    オフィスアワー 推奨

    (日) 月∼金17:00∼18:00

  8. (日) 吉岡 昌美 (masami@dent.tokushima-u.ac.jp/6F口腔保健学科・第1研究室/633-9171)
    オフィスアワー 推奨

    (日) 月∼金17:00∼18:00

科目コード 推奨
備考 任意