徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/総合歯科学4

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
217359
EOID
572195
Map
0
LastModified
2011年4月6日(水) 21:35:09
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.歯学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 歯学部歯学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Overview in Dentistry4 / (日) 総合歯科学4 / (読) そうごうしかがく
形態 必須
  1. 講義
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.歯学部.歯学科]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 徳島大学.歯学部.歯学科.基礎系教員
    肩書 任意
単位 必須 1
目的 必須

(日) 基礎歯科医学で学習したことを臨床歯学の基礎として統合し,臨床現場の諸問題を解決する応用力を育成する.

概要 必須

(日) 生体,とくに顎顔面領域の構造とその機能の知識を統合し,各種病態における対処法を整理する.また,生体材料の特徴を理解し,疾患に応じた組織再建の方法について考察できる能力を育成する.

授業テーマ 必須
キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
授業方法 必須
  1. (日) 講義

授業場所 必須

(日) 月曜6時限,水曜6時限,金曜6時限 示説室

注意 推奨

(日) 試験は学生便覧の歯学部規則を満たしている者に対して行う.

目標 必須
計画 必須
  1. (日) 歯科理工学:

    内容 必須
    1. (日) 材料の組成・物性,材料の用途別種類と性質,材料の取扱い技術,歯科用機械・器具

    担当者 必須

    (日) 上記担当教員

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意 2
  2. (日) 解剖学:

    内容 必須
    1. (日) 頭頸部の骨・筋・脈管・神経,腺組織
      口腔領域の発生,加齢

    担当者 必須

    (日) 上記担当教員

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意 2
  3. (日) 口腔解剖学
    口腔組織学:

    内容 必須
    1. (日) 軟骨と骨,歯,歯周組織,唾液腺,頭頸部,顎と顎関節,発生,加齢

    担当者 必須

    (日) 上記担当教員

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意 2
  4. (日) 生理学
    口腔生理学

    内容 必須
    1. (日) 顔面の体性感覚,味覚,顎運動,咀嚼,嚥下,嘔吐,唾液,発生,加齢変化,ストレス

    担当者 必須

    (日) 上記担当教員

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意 2
  5. (日) 生化学・口腔生化学:

    内容 必須
    1. (日) 歯と歯周組織(核酸,タンパク質),石灰化機構,骨・軟骨,カルシウム代謝,唾液・唾液腺,歯面への付着物,代謝とその相関

    担当者 必須

    (日) 上記担当教員

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意 2
  6. (日) 病理学
    口腔病理学:

    内容 必須
    1. (日) 歯・口腔・顎・顔面疾患の病因・病態

    担当者 必須

    (日) 上記担当教員

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意 2
  7. (日) 細菌学
    口腔細菌学:

    内容 必須
    1. (日) 微生物,免疫,口腔微生物

    担当者 必須

    (日) 上記担当教員

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意 2
  8. (日) 薬理学
    歯科薬理学:

    内容 必須
    1. (日) 薬物療法の目的と分類,薬物の管理,用量,薬理作用の機序,薬物動態,投与方法,併用と相互作用,副作用,処方と処方箋,薬物適用上の注意

    担当者 必須

    (日) 上記担当教員

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意 2
評価 必須

(日) 試験を行う.試験方法については,担当教員を交え教務委員会で協議決定する.
100点満点で60点以上のものを合格とする.

再評価 必須

(日) 行う.

教科書 必須
URL 任意
連絡先 必須
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 試験を受けるためには授業時間の3分の2以上出席していなければならない.その他の要件としては,学生便覧の歯学部規則に従う.