徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/病理学・口腔病理学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
217343
EOID
578118
Map
0
LastModified
2011年4月10日(日) 18:33:44
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.歯学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 歯学部口腔保健学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Pathology·Oral Pathology / (日) 病理学・口腔病理学 / (読) びょうりがく こうくうびょうりがく
形態 必須
  1. 講義
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 伊賀 弘起([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健教育学]/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健基礎学講座])
    肩書 任意
    役割 任意 授業責任者
  2. 石丸 直澄([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    肩書 任意
    役割 任意
  3. 尾崎 和美([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健支援学]/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健支援学講座])
    肩書 任意
    役割 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 疾患の原因と病態に関する基本的知識を習得し,さらに顎口腔領域の様々な疾患の成立をトータルな生命現象として理解する.

概要 必須

(日) 疾患の成立を正常からの逸脱として臓器,組織,細胞レベルでとらえ,病変を構造と機能の両面から学習する.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
授業方法 推奨
  1. (日) 講義形式(視聴覚教材,プリントなどを適宜用いる.)

授業場所 必須

(日) (前期)月曜2時限目 ,木曜4時限目 第6講義室

注意 推奨

(日) 病理学・口腔病理学の授業では授業計画の「内容」の欄に各講義事項のキーワードを掲載している. ①受講者は各回のキーワードについて事前に予習して理解した内容を簡潔に纏めること. ②受講者は毎回受講後に学習成果を基にキーワードについて再度内容を簡潔に纏めること. また予習時の内容と復習時の内容を比較して学習成果を確認すること. ③試験は全講義数の2/3以上の出席を満たしている者に対して行う. ④予習,復習をすることが出席評価に含まれる.

目標 必須
  1. (日) 病理学を学ぶことの意義について理解する.

    目標のカリキュラム関連 任意
  2. (日) 遺伝の概念について理解し,遺伝性疾患と先天異常について概説できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  3. (日) 細胞障害と組織障害の原因を列挙し,説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  4. (日) ネクローシスとアポトーシスとの違いを説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  5. (日) 増殖と修復,再生の異同を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  6. (日) 循環障害の種類,原因およびそれぞれの転帰を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  7. (日) 免疫・アレルギー疾患の種類と発生機序を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  8. (日) 炎症の定義,分類,病理組織学的変化を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  9. (日) 特異性炎の種類を列挙できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  10. (日) 腫瘍の定義,組織発生を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  11. (日) 細胞の異形成,退形成,分化について説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  12. (日) 腫瘍の増殖,浸潤,転移について説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  13. (日) 老化について概説できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  14. (日) 歯の発育異常の分類を列挙できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  15. (日) 歯の損傷,沈着物について説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  16. (日) う蝕の概念を説明し,その分類を列挙できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  17. (日) 歯髄炎,根尖性歯周炎,辺縁性歯周炎の病態と特徴を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  18. (日) 抜歯創の治癒過程とドライソケットの誘因を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  19. (日) 口腔粘膜病変の種類と特徴を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  20. (日) 口内炎の病因と特徴を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  21. (日) 口腔領域の先天異常の種類と病態について説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  22. (日) 顎骨疾患の病因,病態を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  23. (日) 顎関節疾患の種類と病態を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  24. (日) 顎口腔領域の嚢胞性疾患を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  25. (日) 歯原性腫瘍,非歯原性腫瘍の種類と特徴を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  26. (日) エナメル上皮腫の特徴を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  27. (日) 口腔癌の特徴を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  28. (日) 唾液腺疾患の種類およびその加齢変化について説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  29. (日) 口腔組織の加齢変化について概説できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
計画 必須
  1. (日) 病理学総論:病理学概念,病因論

    内容 推奨
    1. (日) 病理学の概念,細胞と組織,内因,外因

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 1
    授業回数 任意
  2. (日) 病理学総論:遺伝性疾患と先天異常

    内容 推奨
    1. (日) 遺伝性疾患,染色体異常,先天異常の種類と要因

    担当者 必須

    (日) 石丸

    計画毎の目標 推奨 2
    授業回数 任意
  3. (日) 病理学総論:細胞障害

    内容 推奨
    1. (日) 糖,蛋白,脂質,核酸代謝異常

    担当者 必須

    (日) 石丸

    計画毎の目標 推奨 3
    授業回数 任意
  4. (日) 病理学総論:細胞障害

    内容 推奨
    1. (日) 変性萎縮,壊死,アポトーシス

    担当者 必須

    (日) 石丸

    計画毎の目標 推奨 4
    授業回数 任意
  5. (日) 病理学総論:増殖と修復

    内容 推奨
    1. (日) 肥大,増生,再生,化生,創傷治癒

    担当者 必須

    (日) 石丸

    計画毎の目標 推奨 5
    授業回数 任意
  6. (日) 病理学総論:循環障害

    内容 推奨
    1. (日) 循環系の概要,虚血,充血,うっ血,出血,ショック

    担当者 必須

    (日) 石丸

    計画毎の目標 推奨 6
    授業回数 任意
  7. (日) 病理学総論:循環障害

    内容 推奨
    1. (日) 血栓,塞栓,梗塞,浮腫,傍側循環

    担当者 必須

    (日) 石丸

    計画毎の目標 推奨 6
    授業回数 任意
  8. (日) 病理学総論:免疫異常

    内容 推奨
    1. (日) 免疫応答,アレルギー,自己免疫,移植免疫

    担当者 必須

    (日) 石丸

    計画毎の目標 推奨 7
    授業回数 任意
  9. (日) 病理学総論:炎症・感染症

    内容 推奨
    1. (日) 炎症の概念,分類,炎症細胞,生体防御機構

    担当者 必須

    (日) 石丸

    計画毎の目標 推奨 8
    授業回数 任意
  10. (日) 病理学総論:炎症・感染症

    内容 推奨
    1. (日) 特異性炎(真菌,結核,梅毒,ハンセン病等)

    担当者 必須

    (日) 石丸

    計画毎の目標 推奨 9
    授業回数 任意
  11. (日) 病理学総論:腫瘍

    内容 推奨
    1. (日) 腫瘍の概説,発生,遺伝子変異,分類

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 10
    授業回数 任意
  12. (日) 病理学総論:腫瘍

    内容 推奨
    1. (日) 細胞の異形成,退形成,分化,癌の進展様式(浸潤,転移)

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 11,12
    授業回数 任意
  13. (日) 病理学総論:老化

    内容 推奨
    1. (日) 細胞老化,老化と寿命

    担当者 必須

    (日) 石丸

    計画毎の目標 推奨 13
    授業回数 任意
  14. (日) 口腔病理学:唾液腺の病変

    内容 推奨
    1. (日) 加齢変化,化生,腫瘍,シェーグレン症候群

    担当者 必須

    (日) 石丸

    計画毎の目標 推奨 28
    授業回数 任意
  15. (日) 口腔病理学:口腔組織の加齢変化

    内容 推奨
    1. (日) 歯牙硬組織の変化,歯髄・歯周組織の変化,口腔粘膜の変化,舌・味覚の変化

    担当者 必須

    (日) 石丸

    計画毎の目標 推奨 29
    授業回数 任意
  16. (日) 口腔病理学:歯の発育異常

    内容 推奨
    1. (日) 口腔病理学の概説,歯の大きさの異常,形の異常,数の異常,構造の異常,萌出の異常,位置の異常,咬合の異常

    担当者 必須

    (日) 尾崎

    計画毎の目標 推奨 14
    授業回数 任意
  17. (日) 口腔病理学:歯の損傷,沈着物

    内容 推奨
    1. (日) 機械的損傷,化学的損傷,プラーク,歯石,象牙質・セメント質の増生

    担当者 必須

    (日) 尾崎

    計画毎の目標 推奨 15
    授業回数 任意
  18. (日) 口腔病理学:う蝕

    内容 推奨
    1. (日) 病因,誘因,分類

    担当者 必須

    (日) 尾崎

    計画毎の目標 推奨 16
    授業回数 任意
  19. (日) 口腔病理学:歯髄の病変

    内容 推奨
    1. (日) 歯髄炎,歯髄の石灰化

    担当者 必須

    (日) 尾崎

    計画毎の目標 推奨 17
    授業回数 任意
  20. (日) 口腔病理学:歯周組織の病変

    内容 推奨
    1. (日) 歯周組織の種類,根尖性歯周炎,歯周疾患

    担当者 必須

    (日) 尾崎

    計画毎の目標 推奨 17
    授業回数 任意
  21. (日) 口腔病理学:抜歯創の治癒·

    内容 推奨
    1. (日) 抜歯創の治癒,ドライソケット

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 18
    授業回数 任意
  22. (日) 口腔病理学:口腔粘膜病変

    内容 推奨
    1. (日) 口腔粘膜病変の分類,口内炎,ベーチェット病,前癌病変

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 19,20
    授業回数 任意
  23. (日) 口腔病理学:先天異常

    内容 推奨
    1. (日) 唇裂,口蓋裂,唇顎口蓋裂

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 21
    授業回数 任意
  24. (日) 口腔病理学:顎骨の病変

    内容 推奨
    1. (日) 顎骨骨髄炎,上顎洞炎(歯性,鼻性),外傷

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 22
    授業回数 任意
  25. (日) 口腔病理学:顎骨の病変

    内容 推奨
    1. (日) 線維性骨異形成症,ページェット病,その他の顎骨疾患

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 22
    授業回数 任意
  26. (日) 口腔病理学:顎関節病変

    内容 推奨
    1. (日) 顎関節症,顎関節炎,関節リウマチ

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 23
    授業回数 任意
  27. (日) 口腔病理学:顎口腔領域の嚢胞

    内容 推奨
    1. (日) 歯原性嚢胞

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 24
    授業回数 任意
  28. (日) 口腔病理学:顎口腔領域の嚢胞

    内容 推奨
    1. (日) 非歯原性嚢胞,軟組織の嚢胞

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 25
    授業回数 任意
  29. (日) 口腔病理学:顎口腔領域の腫瘍

    内容 推奨
    1. (日) エナメル上皮腫,歯原性腫瘍,非歯原性腫瘍,エプーリス

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 26
    授業回数 任意
  30. (日) 口腔病理学:顎口腔領域の腫瘍

    内容 推奨
    1. (日) 口腔癌の種類,分化度

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 27
    授業回数 任意
評価 必須

(日) 筆記試験により行う.100点満点で60点以上を合格とする.

再評価 推奨

(日) 必要に応じて行う.

教科書 推奨
  1. (日) 新歯科衛生士教本「病理学」第2版 全国歯科衛生士教育協議会編 医歯薬出版

参考資料 任意
  1. (日) 標準病理学 医学書院

  2. (日) 口腔病理学Ⅰ,Ⅱ 永末書店

URL 任意
連絡先 推奨
  1. (日) 伊賀 弘起(iga@dent.tokushima-u.ac.jp/5F口腔保健学科・教授室/633-7963)
    オフィスアワー 推奨

    (日) 月∼金17:00∼18:00

  2. 石丸 直澄([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    オフィスアワー 推奨

    (日) 月∼金16:00∼18:00

  3. (日) 尾崎 和美 (ozaki@dent.tokushima-u.ac.jp/6F口腔保健学科・第2研究室/633-9309)
    オフィスアワー 推奨

    (日) 月∼金17:00∼18:00

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 1∼15回:2年次前期 月曜2時限目 16回∼30回:2年次前期 木曜4時限目