徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/歯科矯正学B 講義

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
217314
EOID
578337
Map
0
LastModified
2011年4月10日(日) 19:09:50
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.歯学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 歯学部歯学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Orthodontics / (日) 歯科矯正学B 講義 / (読) しかきょうせいがく こうぎ
形態 必須
  1. 講義
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.歯学部.歯学科]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 田中 栄二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
  2. 黒田 晋吾
    肩書 任意 准教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
  3. 堀内 信也([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
    肩書 任意 助教(併任)([教職員.教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
  4. 高田 隆([広島大学])
    肩書 任意 非常勤講師([教職員.教員]/[非常勤])
単位 必須 1
目的 必須

(日) 歯科矯正治療を行う上で必要な知識を修得することを目的とする.

概要 必須

(日) 顎顔面の成長・発達,歯列や咬合の発育を理解し,正常咬合と不正咬合について学ぶ.その上で,不正咬合の診断学および治療学を学習する.さらに,口唇裂・口蓋裂を伴う患者を含めた先天異常に各種不正咬合や顎変形症の治療を学ぶ.

授業テーマ 必須

(日) 顎顔面の成長発育と不正咬合の治療

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
授業方法 必須
  1. (日) 講義型式 ビデオ,スライドを適宜用いる

授業場所 必須

(日) 第4講義室

注意 推奨

(日) ①受講者は毎回講義前に予習を行い,当日配布されるレジュメをもとに復習を欠かさず行うこと. ②予習帳,復習帳の提出を求めることがある.

目標 必須
  1. (日) 矯正治療の目的と意義を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-4-1)-①>

  2. (日) 不正咬合の原因,種類,診察,検査,診断,治療および予防法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-4-1)-④>

  3. (日) 咬合異常と咀嚼障害の原因と診察,検査,診断および治療方針を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-4)-(8)-①>

  4. (日) 頭部エックス線撮影の種類及び適応を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-1-2)-⑧>

  5. (日) 矯正治療に用いる器材の名称と使い方を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-4-1)-⑤>

  6. (日) 矯正装置の種類と使途を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-4-1)-⑥>

  7. (日) 矯正治療に必要な力学を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-4-1)-⑦>

  8. (日) 矯正治療によって起こる生体の反応を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-4-1)-⑧>

  9. (日) 一次口蓋と二次口蓋の発生を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-3)-②>

  10. (日) 口腔・頭蓋・顎顔面領域に症状をきたす主な先天異常を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-3)-③>

  11. (日) 口腔・顎顔面領域に症状を現す症候群の種類と症状を列挙できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-4)-(7)-⑤>

  12. (日) 口腔・頭蓋・顎顔面領域の成長・発育異常(不正咬合)を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-3)-④>

  13. (日) 適切な口腔衛生法を指導できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨
  14. (日) 口唇・口蓋裂の病態と治療方針を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-4)-(7)-⑪>

  15. (日) 顎変形症を概説できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-4)-(7)-⑫>

計画 必須
  1. (日) 治療学:概論

    内容 必須
    1. (日) 矯正治療の開始時期

    担当者 必須

    (日) 田中

    計画毎の目標 必須 2,3,4
    授業回数 任意
  2. (日) 治療学:矯正用材料

    内容 必須
    1. (日) 矯正用材料

    担当者 必須

    (日) 堀内

    計画毎の目標 必須 6
    授業回数 任意
  3. (日) 治療学:矯正用器具

    内容 必須
    1. (日) 矯正用器具

    担当者 必須

    (日) 黒田

    計画毎の目標 必須 6
    授業回数 任意
  4. (日) 治療学:矯正力と固定

    内容 必須
    1. (日) 矯正力,固定

    担当者 必須

    (日) 田中

    計画毎の目標 必須 7
    授業回数 任意
  5. (日) 治療学:矯正治療に伴う生体反応

    内容 必須
    1. (日) 全身的反応,局所的反応

    担当者 必須

    (日) 高田

    計画毎の目標 必須 8
    授業回数 任意
  6. (日) 治療学:矯正治療に伴う生体反応

    内容 必須
    1. (日) 歯の移動のメカニズム

    担当者 必須

    (日) 田中

    計画毎の目標 必須 8
    授業回数 任意
  7. (日) 治療学:矯正治療における抜歯

    内容 必須
    1. (日) 抜歯の適応症
      抜歯の選択,連続抜去

    担当者 必須

    (日) 田中

    計画毎の目標 必須 2,3,4
    授業回数 任意
  8. (日) 治療学:矯正装置

    内容 必須
    1. (日) マルチブラケット装置,顎外固定装置 等

    担当者 必須

    (日) 田中

    計画毎の目標 必須 5,6
    授業回数 任意
  9. (日) 治療学:矯正装置

    内容 必須
    1. (日) 床矯正装置,機能的矯正装置 等

    担当者 必須

    (日) 田中

    計画毎の目標 必須 5,6
    授業回数 任意
  10. (日) 治療学:矯正歯科治療と口腔衛生

    内容 必須
    1. (日) 矯正歯科治療と口腔衛生

    担当者 必須

    (日) 黒田

    計画毎の目標 必須 13
    授業回数 任意
  11. (日) 治療学:不正咬合の治療

    内容 必須
    1. (日) 乳歯列期・混合歯列期の治療

    担当者 必須

    (日) 田中

    計画毎の目標 必須 2,3,4
    授業回数 任意
  12. (日) 治療学:不正咬合の治療

    内容 必須
    1. (日) 永久歯列期の矯正治療

    担当者 必須

    (日) 田中

    計画毎の目標 必須 2,3,4
    授業回数 任意
  13. (日) 治療学:不正咬合の治療

    内容 必須
    1. (日) 口唇裂・口蓋裂,先天異常者の矯正治療

    担当者 必須

    (日) 田中

    計画毎の目標 必須 9,10,11,12,14
    授業回数 任意
  14. (日) 治療学:不正咬合の治療

    内容 必須
    1. (日) 外科的矯正治療

    担当者 必須

    (日) 田中

    計画毎の目標 必須 15
    授業回数 任意
  15. (日) 治療学:保定
    不正咬合の予防

    内容 必須
    1. (日) 自然的保定,器械的保定
      不正咬合の予防

    担当者 必須

    (日) 田中

    計画毎の目標 必須 2,3,4,6
    授業回数 任意
  16. (日) まとめ:

    内容 必須
    1. (日) 歯科矯正学の総括

    担当者 必須

    (日) 田中

    計画毎の目標 必須 1
    授業回数 任意
評価 必須

(日) 講義終了後筆記試験を行い,100点満点で60点以上を合格とする.

再評価 必須

(日) 行う

教科書 必須
  1. (日) 参考書:歯科矯正学,医歯薬出版,2001

  2. (日) 参考書:包括歯科医療対応の矯正歯科治療,東京臨床出版,2005

  3. (日) 参考書:プロフィットの現代歯科矯正学,クインテッセンス出版,1989

  4. (日) 参考書:歯科矯正マニュアル,南山堂,2006

URL 任意
連絡先 必須
  1. 田中 栄二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
    オフィスアワー 必須

    (日) 月火木金17:00∼18:00/3F矯正・教授室

  2. 黒田 晋吾
    オフィスアワー 必須

    (日) 月火木金 17:00-18:00/3F 矯正・第5研究室

  3. 堀内 信也([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
    オフィスアワー 必須

    (日) 月火木金 17:00-18:00/3F 矯正・第1研究室

科目コード 推奨
備考 任意